stock station

【アベノミクスによる世界株高FRBの金融政策にどう影響するのか?】


連邦準備制度理事会(FRB)は表向きには「外国の経済や金融市場のことを心配するのはFRBの仕事じゃない」という立場を堅持しておる。しかし、それではFRBが外国経済や海外のマーケットで起きていることを全然気にしないか? と言えば、そうでもないようじゃ。

実際、ベン・バーナンキ前FRB議長が「欧州各国の金利がマイナスになっているような局面でアメリカが利上げするのは良くない」という意味の発言をして注目されたのじゃ。つまり海外市場が元気の無いうちは、FRBも安心して利上げ出来ないというわけじゃ。

しかしここへきて欧州株式市場も、中国・香港市場も、そして日本株も好調で、世界的な株高になってきているわけじゃ。それはFRBが利上げのタイミングを模索するにあたっての「心の重し」が取れたことを意味するのじゃ。

また最近は怒涛の如くM&A(企業買収・合併)が発表されておる。2015年第1四半期のグローバルM&A総額は8871億ドルで、去年の第1四半期に比べ+23%で、これは2007年の1.1兆ドルに次ぐ高水準じゃ。

主なディールを振り返っただけでも、HJハインツによるクラフト・フーズの買収(454億ドル)、アッヴィーによるファーマサイクリックス買収(210億ドル)、ロイヤルダッチシェルによるBGグループの買収(700億ドル)など大型案件が目白押しじゃ。

企業の経営者のマインドが委縮しているときは、当然M&Aは活発でないのじゃ。M&Aが勢いよく戻ってきているということは、経営者が景気の先行きに自信を持っていることのあらわれなのじゃ。
しかしM&Aの隆盛はマーケットの過熱、バブルの醸成と紙一重であるという見方も出来るのじゃ。つまり、そろそろ冷やしにかからないと景気拡大局面が逆に短命で終わってしまうリスクが増加しはじめているわけじゃ。FRBがそろそろ重い腰を上げ、利上げに取り組まないといけないのはこのためなのじゃ。

【カテゴリ】初心者の為の株のあれこれ

投稿日:

関連記事

大手ビール会社の決算に注目じゃ

大手ビール会社3社が、2015年1月から6月の連結決算を発表したのじゃが、その中でアサヒグループホールディングスの経常利益が前年同期比で25%増の517億円と最高益を更新したのじゃ。売上高も6%増の8 …

【アベノミクスの問題点を見てみるのじゃ!】

2012年12月に自民党が政権奪取して以来行われてきたアベノミクス。 これにより株価が上昇し、景気が良くなった、という意見があることはすでに紹介したとおりなのじゃ。 とはいえ、株価上昇=景気回復ではな …

NY市場の動きから波乱含みの日経平均の動きを分析するのですわ!

SBI証券では、「波乱が続く株式市場~反発のタイミングはココ!? 」という記事を掲載しているのですわ! 前回書いた通り、日経平均は2万円台に突入したかと思ったら、18,000円台まで下がるなど、波乱の …

【アベノミクスが日本企業の国内回帰をもたらしたのじゃ。】

アベノミクスについては、効果が出てくるのは3年後であると当初から言われていたものの、株高や円安といった分かりやすい効果がすぐに出たこともあり、その他の効果については、分かりやすい結果がすぐに出てこない …

海運業の株価が下がっているのじゃ

 8月25日、海運業の大手3社の株価が年初来の安値となったのじゃ。日本郵船(9101)の株価は15円下落でマイナス4.5%、商船三井(9104)は16円下落でマイナス4.5%、川崎汽船は9円下落でマイ …

トップへ戻る