日経225を利用した投資方法

Pocket

現在、先物取引のなかで特に注目されているのが「日経225先物取引(日経225先物)」です。先物取引と聞くと難しいと思われがちですが、「日経平均株価(日経225)」というわかりやすい指数での投資である日経225先物は、先物取引のなかでも手軽に始めやすい投資商品でしょう。さらに、「日経225先物mini」であれば、日経225先物の10分の1単位での取引が可能で、より手軽に投資することができます。

日経225先物の決済は任意のタイミングでできる!

日経225先物は、日経平均株価の「指数自体を商品」として「未来の決められた日」に売買する約束をします。
買いの場合は、「購入した日の日経平均株価」よりも「取引最終日=限月のSQ日の日経平均株価」が高くなっていれば、それだけ利益が生じます。反対に、日経平均株価が下がっていれば損失が生じます。

決済は、取引最終日=限月のSQ日以前でも、任意のタイミングで行うことが可能です。すぐに収益を確定したい場合は、たとえ10円でも日経平均株価が変動した時点で決済しても問題はありません。
日経225先物は、日経平均株価の1000倍からの投資となるため、10円値上がりしただけでも1万円の利益が生じます。ただし、売買の際は証券会社の取引手数料がかかりますので、実際にはそこから手数料を差し引くことになります。

損失を少なく抑えたいなら!「逆指値注文」をしておくとよい!

ある程度株価が上昇するのを待って、タイミングを見計らって決済することも可能です。50円値上がりした時点で決済すれば5万円の収益となります。一方で、タイミングをはかっているうちに株価が下落してしまい、損失を被ることもあります。50円値下がりすれば、購入時との差額5万円+手数料の損失となるわけです。

損失を限定するために「逆指値注文」をしておくことで、損失の範囲を限定することもできます。例えば、損失を40円までに抑えたい場合、日経平均株価が1万5000円の時点で買った後に1万4960円で逆指値注文をしておけば、その金額になった時点で自動的に決済され、損失は4万円で済みます。逆指値注文をしていても任意のタイミングで売却することも可能です。

日経平均が下落すると予想するなら新規で「売り」から始めることも可能

ここまでの説明では、買いから始める流れでしたが、日経平均株価が下落すると考えた場合などに「新規で売りから始める」ということもできます。その場合、取引最終日である限月のSQ日までに買い戻せばいいのです。

例えば、1万5000円の時点で売り、1万4950円になった時点で買い戻せば、5万円の利益が生じることになります。

売りから始まる仕組み

「TOPIX先物」とは?日経225先物との違いは?

TOPIX先物の取引画面の例

【参照】楽天証券「MARKET SPEED」 TOPIX先物

日経225先物と似たような先物取引に、東証株価指数(TOPIX)を対象とする「TOPIX先物」があります。どの指数を対象としているかによって、それぞれ影響を受けやすい株式の値動きが異なります。
例えば、株価が高い銘柄の株価が上昇すると予想される場合は、日経平均株価のほうがTOPIXよりも強い影響を受けやすいとされます。一方、時価総額上位の銘柄の株価が上昇すると予想される場合は、日経平均株価よりもTOPIXのほうが強い影響を受けやすい傾向があります。

また、電気機器関連銘柄の株価が上昇すると予想される場合は日経平均株価、銀行関連銘柄の株価が上昇すると予想される場合はTOPIXがそれぞれ影響を受けやすくなります。これは、それぞれの指数を計算する際に参照する銘柄に、その業種の割合が高いためです。

「限月間スプレッド取引」とは?「市場間スプレッド取引」とは?

「限月間スプレッド取引」という投資戦略もあります。満期までの期間が長い限月取引と、満期が近い限月取引との間で行う取引で、通常は限月ごとに取引される価格にずれ(スプレッド)がありますが、そのスプレッドが将来収縮もしくは拡大すると考えて投資をすることを指します。割高となるほうを売り、割安となるほうを買いとして建てることで、将来のそれぞれの差が縮まった時に利益が生じるようにした取引です。

スプレッド取引の仕組み

これをTOPIX先物と日経225先物との間のように、異なる市場の先物で行った場合は「市場間スプレッド取引」といいます。投資方法によっては、こうした形でも利益を上げることができます。

リスクを抑えるなら日経225先物よりも安い資金で投資できる「ETF」もアリ!

直接、日経225先物の売買をしなくても、それらに対応したレバレッジ型・インバース型ETFに投資する方法もあります。これらは投資信託の一種であり、日経225先物の取引よりも安い資金で投資することが可能となります。先物取引はリスクが大きいと考える人も、リスクを抑えて取引を行うことができますので、直接取引するよりも気軽にできます。

日経225先物は金融市場の動きに影響を受けやすいため、その動きを常に注視する必要があります。ときには、先物主導で株式市場が大きく変動することもあります。こうしたトレンドを逃さず、タイミングよく売買を行って利益を上げましょう。

【カテゴリ】日経225

関連記事

日経225とは

「日経225先物取引」とは、日本を代表する企業225社の株価の平均値を表した「日経平均株価(日経225)」を原資産とする「株価指数先物取引」で、一般的に「日経225先物」と呼ばれています。金融商品取引 …

トップへ戻る