日経225とは


「日経225先物取引」とは、日本を代表する企業225社の株価の平均値を表した「日経平均株価(日経225)」を原資産とする「株価指数先物取引」で、一般的に「日経225先物」と呼ばれています。金融商品取引所の1つである大阪取引所で取引が行われています。

「先物取引」とは?どんな種類があるの?

「先物取引」というのは、簡単にいうと「ある商品」を「未来の決められた日」に「現時点での取り決め価格」で取引することです。今の物ではなく、先の物を取引するという予約取引のようなものだと考えることができます。

日経225の場合は、日経平均株価の「指数自体を商品」として「未来の決められた日」に売買する約束をすることです。つまり、日経225先物は日本市場全体を小さく切り取って売買するようなものといえます。

先物取引と日経225の仕組み

先物指数としては、このほかにも、東証株価指数(TOPIX)を対象とする「TOPIX先物」や、東証マザーズ指数を対象にする「東証マザーズ先物」などもあります。

インデックスファンドなどはこうした225社の株を買うインデックス買いなどを行う場合もあります。225社の株を一斉に売ったり買ったりするのは大変ですが、日経225先物として売買することでコストが抑えられるためインデックス買いをしたい個人投資家や海外投資家、特にヘッジファンドを中心として盛んに行われています。

日経225先物とは?少額投資が可能な日経225先物miniがいいカモ!

日経225先物は、最低取引単位は「1枚」=「日経平均株価の1000倍」での取引となります。売買は10円単位で行われ、1ティック1万円の取引となります。

例えば、日経平均株価が1万5000円の日に1枚の購入取引を行う場合、購入価格はその1000倍である1500万円となります。そして決済日(売却日)となる「SQ算出日」に日経平均株価が1万6000円になっていれば、差額の1000円×1000倍=100万円の利益が出るということになります。反対に、もし日経平均株価が1万4000円になってしまうと、100万円の損ということになります。

日経225の取引単位

日経225先物では金額が大きすぎるという人にぴったりなのが、「日経225先物mini」です。こちらは最低取引単位が、「1枚」=「日経平均株価の100倍」と、日経225先物の10分の1から取引を行うことができ、値段の刻みも5円単位となります。
前述のように、先物指数は日経平均株価以外にもいくつかありますが、ミニ先物取引があるのはは日経225のみです。

日経225の取引画面の例

【参照】楽天証券「MARKET SPEED」日経先物

日経225先物は最大20倍ものレバレッジをかけることが可能!

日経225先物には、先物取引ならではの特徴がありますが、そのメリットとしては「高いレバレッジをかけることができる」ということが挙げられます。証券会社にもよりますが、日経225先物は最大で約20倍のレバレッジをかけて取引することができます。

先ほどの例で、日経平均株価が1万5,000円の日に取引を行う場合、通常であれば1,500万円の資金が必要ですが、レバレッジ20倍での取引であれば75万円の資金で取引が可能となります。ここで日経平均株価が1%、150円変動したときには、資金に対して20%変動するということになります。

レバレッジの仕組みと株価の変動に伴う資金への影響

為替証拠金取引であるFXのレバレッジは最大25倍ですので、日経225先物よりも大きい取引ができることになりますが、FXよりも日経平均株価のほうが値動きの変動幅が大きいのでさらに投機的であるといえます。

日経225先物は取引時間が長いのが魅力的!

取引時間が長いことも、日経225先物のメリットです。取引時間は9時から15時15分までの「日中立ち合い」と、16時30分から翌日午前3時までの「イブニングセッション」および「ナイトセッション」です。株式取引のように昼休みはありません。また、大阪取引所以外でも日経225先物の取引は可能です。

例えば、SGX(シンガポール証券取引所)では、8時45分から15時30分までと、16時15分から翌3時まで取引が可能。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)では、8時から翌日7時15分までとほとんど24時間の取引が可能です。これなら、海外で急激な変動が起きたときもすぐに対応ができます。

日経225先物の大きなメリットのひとつ!換金しやすいということ

加えて、流動性が高く、換金しやすいこともメリットです。日経225先物では、買い手がつかずに値が下がってしまうような流動性リスクは低く、買いたいときに買い、売りたいときに売ることができるのです。

個別の銘柄を取引する株式投資の場合は、好材料・悪材料などによってストップ高やストップ安に張り付いたまま取引ができずに、大きな損失を被ってしまう可能性があります。

日経225先物は倒産リスクがないのも安心できる大きな要素!

個別銘柄の株式投資の場合は、「保有している銘柄の企業が突然倒産した」「株価に大きな影響を与える悪材料が前触れもなく発表された」といったことが起こるリスクがあります。
しかし、日経225先物では、投資対象となるのが日経平均株価ですので、倒産リスクはありません。ただし、テロや天災によって日本の株式市場全体が大きな影響を受けるような場合には大きな変動リスクがあります。

日経225先物は、高いレバレッジをかけられることもあって資金効率がいいといえますが、その分リスクも大きくなります。投資資金の許容度を超えた巨額の取引をしないように注意して行いましょう。

【カテゴリ】日経225

関連記事

日経225を利用した投資方法

現在、先物取引のなかで特に注目されているのが「日経225先物取引(日経225先物)」です。先物取引と聞くと難しいと思われがちですが、「日経平均株価(日経225)」というわかりやすい指数での投資である日 …

トップへ戻る