投資信託の選び方

Pocket

「投資信託」と一口に言っても、形態や取得対象、払い戻し方法、投資対象など、さまざまな種類があり、リスクやリターンも異なります。そのなかからどのファンドに投資するのか、投資信託の選び方について考えてみましょう。

最初に決めたいこと!運用したい期間が長期?それとも短期?

投資信託の目的として一番大きいのは、当然ながら利益を得ることです。しかし、その期間や目標額、損失の許容範囲などは、個々の投資家によって異なるでしょう。手元の資本をどのような考えで運用するのかによって最適の投資信託商品は異なりますので、「証券会社でまとめている買付金額順の上位なら問題ないだろう」などと安易に考えて投資を行うことはお勧めできません。

一般的には、長期の運用を考える場合は変動幅が大きい商品であっても目的に合った結果を得やすいことになりますが、短期的な運用であれば変動幅が大きな商品は適切とはいえないでしょう。

変動幅が大きい商品は、予想よりも大きな利益が上がる可能性もありますが、逆に下振れして価値が下がってしまえば換金することもためらわれ、結果として目的を達成できない場合もあります。

また、長期的な商品に投資したのに短期で換金してしまった場合、通常の手数料とは別に「信託財産留保額」という手数料がかかることがあります。そのため、投資期間を無視した売却もお勧めできません。

リスクの取り方を決めるには?何のための投資なのかをはっきりさせよう

投資においては、「利益を出すまでの期間」「収益性」「リスク」という3つのポイントを考える必要があります。この3つはトリレンマの関係にあります。

  • 「利益を出す期間を短く」「収益性を高く」すると → 「リスクが大きく」なる
  • 「利益を出す期間を短く」「リスクを小さく」すると → 「収益性が低く」なる
  • 「収益性を高く」「リスクを小さく」すると → 「利益を出す期間が長く」なる

したがって、3つすべてをとることはできず、目的に合わせて優先する要素を選ばなくてはなりません。

トリレンマの関係

例えば、投資目的を「老後のための資金」とする場合は、早くに投資を始めていれば利益を出すべき時期までの「期間」を長くとれますので、その分「収益性」を高く、「リスク」を小さくすることができます。
加えて「リスク」を大きくすれば、さらに「収益性」を高く狙うこともできますが、その場合は大きくなったリスクに適切に対応するリスクマネジメントが必要となります。

また、投資目的を「数年後の旅行資金」とする場合は、それまでに利益を出す必要がありますから、「期間」を短くせざるを得ません。したがって、「収益性」か「リスク」のどちらかを諦めることになります。
「リスク」を諦めて(大きくして)「収益性」を高めることを狙えば、目標金額を超えた利益でさらに豪華な旅行をすることも可能になるかもしれませんが、一方で目標金額を下回ったり元本割れとなれば、最悪の場合は旅行中止となるリスクもあるわけです。

このように、目標に応じて何を優先するかを決めたうえで、商品ごとの特徴を知ることで、どの商品が適切かを判断できるようになります。

投資信託はプロが運用するのだからと任せっきりは禁物!

どのファンドがどのような投資をするかは、「投資信託説明書(目論見書)」として商品ごとにまとめられていますので、その目論見書をよく読んで判断しましょう。

投資信託であっても「すべてお任せ」という姿勢ではなく、能動的に、自らの考えを反映した投資を行うためにはどのような商品がいいのかを探すことが必要です。そのためには、目論見書に書かれている投資信託商品の中身を知り、どのようなリスクとリターンが予想できるのかを判断しましょう。

まず確認しておきたいのは、「債券と株券の割合」です。債券の割合が大きければ安定性が高く、株券の割合が大きければ変動が大きくなる傾向があります。ここから、リスクと収益性について大まかに判断することができます。

「債券と株券の割合」の説明

また、「国内投資と株式投資の割合」もあり、海外についても特定地域を中心としたファンドもあります。先進国を中心としているか新興国を中心としているかでも違いがあります。特に新興国の有価証券を中心に取り扱う場合は、その地域の地政学的要因のみならず、世界経済の動向次第で運用実績が大きく変動する場合もあります。

リスクとリターンについては、「国内債券」「海外債券」「国内株式」「海外株式」の順に低いとされます。
こうした情報を利用してその商品の性格を知ることで、投資信託自体を複数組み合わせて一定期間ごとに確認・再配分しつつ目標に近づけるような投資を行うことで、リスクとリターンを管理することができます。

プロに頼りたいなら投資信託!自分で積極的に投資したいなら株式投資!

投資信託は、自分の求める投資信託商品がどのようなものかを判断したうえで実際の投資対象を選ぶことになります。

最終的にどの投資信託を選ぶかは自分で決定しますが、具体的な投資内容に対する詳細な理解がなければ投資できないというわけではありません。むしろ、そうした細かいことをプロに任せることができるのが投資信託のメリットです。細かいところまで自分で決めたい人は株式投資に切り替えるのもいいでしょう。

ただし、まったく知識がないままに「投資信託を複数持てば安定する」と考えていると、手数料など費用がかかるばかりで資金が増えていかないといったことも起こり得ます。投資全般にいえることですが、自分の目的をしっかりと見据えて、そのための手段としての投資を考えましょう。目的に応じたバランスを取った投資が最終的には一番満足できることになります。

【カテゴリ】投資信託

関連記事

投資信託分配金生活の仕方

投資信託では、運用成果によって投資家にその収益を分配する「分配型ファンド」というものがあります。 投資信託の基準価格とは?分配金が発生する仕組みは?ファンドの種類は? 投資信託の基準価額は、株式や債券 …

投資信託とNISA口座の違い

投資信託の一種に「外貨MMF」というものがあります。MMFとは「マネー・マーケット・ファンド」の略称で、元本割れの心配がほとんどない安全な債券や短期の金融商品で運用されている投資信託です。特に外貨を利 …

投資信託とは

「投資信託」とは、投資家から集めたお金を1つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家であるファンドマネージャーが株式や債券などに投資運用し、その運用成果を各投資家の投資額に応じて分配する仕組みの金融商品 …

投資信託の危険性

投資信託というのは、銀行預金とは異なり、元本が保証された金融商品ではありません。必ず安全というわけではなく、その投資にはリスクをはらんでいます。 投資信託は、国内外の株式や債券といった値動きのある有価 …

トップへ戻る