stock station

テクニカル分析で投資してはいけません


おはようございます。連日の猛暑と同じように、相場も連日強いですね。少し調整を期待しているのですが、全然調整してくれません。

5月相場を振り返ると、何と下がったのはわずか2日だけです。たまに聞いているラジオNIKKEIの「こちカブ」や「マーケットプレス」では、「Sell in May(5月に売れ)」や5月はヘジファンドの解約申し込みがあるから換金売りがあるとか言っている評論家(コメンテイター)が多数いました。

まあ、彼らは外れても反省はしませんし、自分で相場を張っているのではないので、痛みも感じないのでしょうが。

相場が堅調な要因は、コーポレート・ガバナンスの導入や企業が株主還元に積極化してきたとありますが、大きな要因は企業の業績回復(利益成長)だと思います。

毎年のように保守的に出してくる業績予想(2016/3期)が、、いい意味で市場を裏切り二桁近い増益予想を企業は出してきた事が一番大きいと思います。やはり、株価はファンダメンタルズに反応するのだと思います。外国人投資家が日本株を買っている一番の理由は、単に安いと思っているからです。

「Sell in May(5月に売れ)」については、市場のアノマリーなので、否定するつもりは無いですが、5月はヘジファンドの解約申し込みがあるから換金売りがあると言う話は、はっきり言って嘘です。そんな事でヘジファンドは売りません。

ヘジファンドを知らない人が言っているだけです。最近のヘッジファンドは、45日前ルール(解約日の45日前に通知)だけでなく、30日前であったり、毎月末に解約に応じるファンド等色々あり、6月末解約日(その45日前が5月15日)に備えて、5月中に換金売りをするなんて、あり得ません。

当たり前ですが、5月に必ず解約売りをしなければならないなら、下がる前に売っていますし、ヘッジファンドもそんなにバカじゃありません。結局、個人投資家が何も知らない事をいいことに、いい加減なコメントをしているだけです。

私の知り合いのヘッジファンドの社長が、TV東京「ワールドビジネスサテライト」の取材で、はっきり「5月にヘジファンドの換金売りなんて、無いですよ」と言っていました。

あと、このブログでは何度も「テクニカル分析」は効かないと言っています。特に大きくトレンドが変化(業績相場)した時は無意味だと言っているのですが、いまだに平気で、テクニカル分析を自慢げに語っているコメンテイターが多いのに驚きます。公共の電波でいい加減な事を言ってもいいのか疑問ですけど。

テクニカル分析で投資をするのと、サイコロを振って「売り」。「買い」を決めるのとは、勝率はあまり変わりません。では、なぜ「テクニカル分析」が重宝されるのかと言えば、それは個人投資家に分かり易いから(何も考えないで、機械的に出来る)です。逆に言えば、何も考えないで投資が出来て、儲かれば、ノーベル賞が取れると思いますが。

例えば、皆さんのお子さんが勉強をせずに、テストを「テクニカル分析」でやろうとしたら、どう思いますか?そんな事は止めて、努力しろ!と言いませんか?

敢えて言えば、「テクニカル分析」で市場の動向や、トレンド、需給は確認出来るので、全く無意味ではないですが、これを使って投資判断をしてはいけません。あくまで、参考指標として使うためです。

良く世間で言う「クオンツ分析」と「テクニカル分析」は違うので、間違わないでください。計量的に、統計学を駆使して、市場を分析することは意味があります。しかし、過去の市場分析が将来を保証するものではないのです。あくまで参考なのです。

何事も努力なくしては成功しません。では、暑い日々が続きますが、頑張りましょう!

【カテゴリ】将軍日記

投稿日:

関連記事

10月1日寄付き前情報

おはようございます今日は10月1日で、「都民の日」です。小、中、高もお休みなんですよね。うちの愚息達もぐうたらしていました。 さて、残り3ヶ月で今年も終わりです。餅代を稼ぎながら、来年に向けての種まき …

5月25日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます。今朝は、朝から暑いです。事務所の室温も朝から26℃を超えています。まあ、このくらいなら冷房無しで大丈夫ですが、5月とは思えない厚さですね。 株式市場は堅調に推移しています。一部の市 …

5月28日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます。連日暑い日が続いていますが、今日も蒸し暑いです。相場も連日上昇しています。今日も上昇すると、何と!10連騰です。これは、1988年2月以来の出来事です。 マスコミでも15年振りの高 …

6月23日寄付き前情報(今日の言葉付)

おはようございます。昨日の相場は強かったですね、朝方のラジオNIKKEIを聞いていたら、ギリシャ問題等で、弱含みに推移するだろうと言っていましたが、相変わらず予想することの無意味さを感じました。 当ブ …

分相応と企業経営

最近、色々と考える事があります。まあ歳を取ったと言う事でしょうけど 過去において、様々な企業経営者にお会いしましたが、一流と言われる経営者に共通している事は、「己(企業自身でも)の力を冷静に分析出来て …

トップへ戻る