売りたくなった場合はいかがすれば良きか?

Pocket

売るときは買うときとほとんど同じで証券会社に注文するのじゃ。
 買うときは『成行注文』か『指値注文』かということを説明しましたが、売るときも同じで『成行注文』か『指値注文』を設定するでござる。
 『成行注文』はその会社の株に対して、出ている買い注文のうち1番高値で売ることが出来る。こちらも買うときと同じで先に注文を出している人が優先となるのじゃ。
 『指値注文』は「○×円で売りたい」という指定値を設定して、その値段で買いたい人がいた場合に成立するでござる。
 証券取引所が開いている時間帯に成立するでござる。

関連記事

株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが 買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

ハラハラしないためには?

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。 1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり 2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく 売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をし …

税金はどのようになっているのでござろうか?

2014年から売買利益の20.315%が税金で引かれるのじゃ。特定口座、源泉ありであれば、 自動的に税金は配当金から引かれ、納税するでござる。 ただ、1月から12月までの1年間で初めのうちは勝っていた …

株価は毎日チェックするものなのでござるか?

どの程度の頻度で株価を確認するのかは株式投資する目的によって変わってくるのじゃ。 1日に何度も売買を繰り返すデイトレーダーは、いつもパソコンをチェックし、株価の動きに敏感に動くでござるが、数日から数年 …

トップへ戻る