取引口座はどうやって開けばいいんじゃ?

Pocket

 インターネットと郵送で口座を開設するのじゃ。無料でできるでござるぞ!!
 証券会社によって若干異なるが、多くの場合はネット上で名前や住所などの必要事項を入力するのじゃ。
 己の選んだ証券会社のHPを開き、口座開設の入り口から必要事項を漏れなく記入するのでござる。記入が間違っていなければ後日、入力内容が反映された口座開設申込書が送付されるでござる。
 そこに署名・捺印・身分証明書などの必要書類を送付し返送すると1週間程度で口座開設後の口座番号・取引に必要なパスワードが記載された書類が届く仕組みになっておる。
 店舗型の証券会社では店舗でも開設できるので、免許証などの身分証・印鑑・資金を出し入れする銀行口座の口座番号などを持っていくのじゃ。

関連記事

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

株はどこで買うのじゃ?

 株を買いたいと思ったら、まずは証券会社に口座を開くのじゃ。 特にネット証券は、インターネットで注文が簡単にできるのでおすすめじゃ! 買いたい銘柄名、株数を入力して、「買う」というボタンを押すだけで買 …

証券会社の選び方

 証券会社には、店舗のある会社とインターネット上で取引をする会社(ネット証券)の2種類がござる。  店舗のある会社では銀行の如くカウンターが有り、窓口の担当者と対面形式で質問やアドバイスをその場でもら …

取引時間は決まっておるのか?

 取引時間は基本的に午前と午後の2回と決まっておる。 取引可能時間は証券取引所が開いている時間で東証の場合、平日は9時半~11時半。12時半~15時となっておる。この取引できる時間の午前を『前場(ぜん …

手数料ってどのくらいかかるのじゃ?

売買手数料は、証券会社によって違うでござる。これは一回の購入毎に金額が決まっておるところと、定額といって1日何回も売買しても定額の料金さえ支払っていればできるものなどがあるぞ。詳しくは、証券会社比較を …

トップへ戻る