ハラハラしないためには?

Pocket

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。
1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり
2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく
売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をしやすくなる。「己の投資ルール」をはっきりさせておくことにて冷静な判断をし、失敗を事前に防ぐのじゃ。
3. 危険な買い方は避ける
「一度にまとめてたくさんの株を買わぬ」
高い時に大量買いをすると値下がりをした時の痛手が大きいので、その分ハラハラも増えることになるのじゃ。
予算がたっぷりある場合は、1つの会社に投資するのではなく複数の会社に『分散投資』を考えるのが良き。
一方が下がった場合でも別の会社が維持をしているか、値上がりしていれば全体で見た場合の損する危険性が減り、安心感が得られるでござる。

関連記事

注文をすれば絶対買えるのか?

注文をすれば絶対買えるとは限らないのじゃ。買える可能性が高いのは『成行注文』にて、株価はいくらでも良いから買うパターンでござる。これは売りたい人さえいれば買うことのできる方法になっておる。 買える確率 …

注文はどうやって出せばいいのじゃ?

注文を出すにあたっては銘柄コードや単元株数を確認しておくのじゃ。 把握しておくべき情報と、決めておくべきことはシッカリと持っておく必要があるのでござる。 把握しておくべきことは『銘柄コード』『会社名』 …

株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが 買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って …

取引時間は決まっておるのか?

 取引時間は基本的に午前と午後の2回と決まっておる。 取引可能時間は証券取引所が開いている時間で東証の場合、平日は9時半~11時半。12時半~15時となっておる。この取引できる時間の午前を『前場(ぜん …

証券会社の選び方

 証券会社には、店舗のある会社とインターネット上で取引をする会社(ネット証券)の2種類がござる。  店舗のある会社では銀行の如くカウンターが有り、窓口の担当者と対面形式で質問やアドバイスをその場でもら …

トップへ戻る