ハラハラしないためには?

Pocket

ハラハラを事前に抑える、いくつかのルールが有りんす。
1. 余裕資金で投資し、短期で儲けようという精神は危険なり
2. 投資の姿勢をはっきりとさせておく
売るべきなのか、持ち続けるべきなのかの判断をしやすくなる。「己の投資ルール」をはっきりさせておくことにて冷静な判断をし、失敗を事前に防ぐのじゃ。
3. 危険な買い方は避ける
「一度にまとめてたくさんの株を買わぬ」
高い時に大量買いをすると値下がりをした時の痛手が大きいので、その分ハラハラも増えることになるのじゃ。
予算がたっぷりある場合は、1つの会社に投資するのではなく複数の会社に『分散投資』を考えるのが良き。
一方が下がった場合でも別の会社が維持をしているか、値上がりしていれば全体で見た場合の損する危険性が減り、安心感が得られるでござる。

関連記事

証券会社の選び方

 証券会社には、店舗のある会社とインターネット上で取引をする会社(ネット証券)の2種類がござる。  店舗のある会社では銀行の如くカウンターが有り、窓口の担当者と対面形式で質問やアドバイスをその場でもら …

株価が上がって売りたい場合は、どうするのじゃ?

株価が上がった時に、売ったほうがよいのかは悩みどころでござるが 買った時よりも株価上昇したときには、売却益が得られるが長く持っていれば絶対に値上がりするという保証はあらぬので値上がりしたところで売って …

株はどこで買うのじゃ?

 株を買いたいと思ったら、まずは証券会社に口座を開くのじゃ。 特にネット証券は、インターネットで注文が簡単にできるのでおすすめじゃ! 買いたい銘柄名、株数を入力して、「買う」というボタンを押すだけで買 …

売りたくなった場合はいかがすれば良きか?

売るときは買うときとほとんど同じで証券会社に注文するのじゃ。  買うときは『成行注文』か『指値注文』かということを説明しましたが、売るときも同じで『成行注文』か『指値注文』を設定するでござる。  『成 …

株価が下がった場合はいかに致すのじゃ?

株価が一時的に下がることはつきものゆえ、いかほどにも気にしないのが一番でござる。 業績が良く、将来性があっても株価が下がることがあるので短期的の値下がりは特別なことではなく日常茶飯のことなり。 また、 …

トップへ戻る