首つり線【売りシグナルの酒田五法1】

Pocket

前回までは、底値圏や上昇トレンドで見られる買いサインについて見てきたのでござるが、今回からは、売りサインを見てみるのでござるぞ!
まずは、天井圏で見られる買いサインを見てみるのでござる。
今回見るのは、首つり線なのじゃ。
このような形でござるぞ。

首吊り線とは、窓を開けて高く寄り付いた後に長い下ヒゲをつけて陽線となった状態のローソク足のことなのでござる。
窓を明けて上放れ寄り付いたのは、成り行き買い注文が寄り付きで大量に入ったためなのでござる。その後、それまでの株価の上昇で買い方が利食い売りすることでいったん大幅に下落し、今度は下落を狙って押し目狙いの買い注文が入ることで、最終的に高値で引けた…という流れが反映されたチャートなのでござる。

下ヒゲが長ければ長い程トレンド転換の予兆があるとされるのでござる。そのため、実体の3倍以上あるものが首吊り線とも言われているのでござる。まだまだ買い方優勢で上昇エネルギーは残っているうようなチャートに見えるが、売り圧力に押されることで下ヒゲが長くなったので、翌日は軟調になるケースが多いのでござるぞ。

関連記事

下値遊び【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は下値遊びを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ。 下値遊びは、大陰線で下落した後、比較的小さなローソク足を5本から …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

トップへ戻る