陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

Pocket

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。
今回見るのは、陽線五本でござる。
陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。

この5本の陽線は、横ばい、またはそれに近い状態にあるのでござる。

下降トレンドの底値圏で陽線が5本連続する状態というのは、買いの圧力はあるものの、まだ売り勢力の勢いが強いということを示しておるぞ。上昇トレンドへ転換するまでにはなっていないものの、買い勢力が少しずつ勢いを増してきていることを示しているのでござる。なお、必ず5本連続陽線でないといけない、ということではなく、あくまで目安ということでござる。しかしながら、陽線が3本で途切れたりした場合、下降相場の調整で終わる可能性も十分考えられるので注意するのじゃ。

なお、天井圏で現れる陰線五本は、この陽線五本の逆、つまり、売りサインとなるのでござる。

関連記事

上値遊び【買いシグナルの酒田五法18】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは上値遊びじゃ! このような形なのでござるぞ。 上値遊びは、上昇トレンドの中で大きな陽線が出現し、その後、小さなローソク …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

トップへ戻る