陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

Pocket

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。
今回見るのは、陽線五本でござる。
陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。

この5本の陽線は、横ばい、またはそれに近い状態にあるのでござる。

下降トレンドの底値圏で陽線が5本連続する状態というのは、買いの圧力はあるものの、まだ売り勢力の勢いが強いということを示しておるぞ。上昇トレンドへ転換するまでにはなっていないものの、買い勢力が少しずつ勢いを増してきていることを示しているのでござる。なお、必ず5本連続陽線でないといけない、ということではなく、あくまで目安ということでござる。しかしながら、陽線が3本で途切れたりした場合、下降相場の調整で終わる可能性も十分考えられるので注意するのじゃ。

なお、天井圏で現れる陰線五本は、この陽線五本の逆、つまり、売りサインとなるのでござる。

関連記事

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

放れ五手黒一本底【買いシグナルの酒田五法11】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、放れ五手黒一本底でござるぞ。 このような形なのじゃ! 放れ五手黒一本底とは、下降トレンドの時、窓を開けた下落した後に、小陰 …

【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。 ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるので …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

トップへ戻る