陽の陽はらみ【売りシグナルの酒田五法6】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについてみてみるぞ!
今回は陽の陽はらみでござる。
このような形なのでござる。

陽の陽はらみとは、大陽線の翌日に出た陽線が、前日の大陽線の中に納まるような形(はらみ線)になる事で、天井圏で出現することが条件で、高値圏以外に出現したりした場合には陽の陽はらみとは言わないのでござる。前回紹介した陽の陰はらみ同様、買い圧力が次第に弱くなり、売り圧力と買い圧力が拮抗してきた時に出現するのでござるぞ。そのため、陽の陽はらみが出た場合は、翌日の値動きを見て、トレンドの方向性を見極めないとならないのでござる。

陽線で終わった為、買い勢力はまだあるとも考えられるものの、上値を抜けなかったという事は、買いのエネルギーが鈍っていることを示してもいるのでござる。この陽の陽はらみが出た翌日に、かぶせ線十字線が出現した場合には、相場転換したと考えるのでござるぞ。

逆のパターンは底値圏で現れる陰の陰はらみでござる。こちらは買いサインとなるのでござる。

関連記事

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

トップへ戻る