陰の陽はらみ【買いシグナルの酒田五法2】

Pocket

前回は、買いシグナルの「底」を示す、陰の陰はらみを見てみたぞ。今回見てみるのは、それとほとんど同じ形ながら、ローソク足の種類が異なる、陰の陽はらみを見てみるのじゃ。

●陰の陽はらみ

陰の陽はらみは、最初の大陰線の次のローソク足が陽線である形でござる。
底値圏で大陰線が表れ、いわゆるセリングクライマックスが起こるのでござる。この大陰線は、売りの勢いが強く、投げ売り状態であることを示しておるのでござる。その次のローソク足が、大陰線をすっぽり包むような大きな陽線が出現した場合が、この陰の陽はらみなのでござる。
セリングクライマックスが終わり、買い勢力が若干上回っている状態なのでござる。陽はらみが寄引同時線であったり陽線の実体の短いローソク足の場合、売りと買いのエネルギーがそこに集中していることを意味しており、何かのきっかけで、上昇トレンドになるのでござるぞ。
この大陽線が上寄りの陽線となれば、相場転換する可能性がますます高くなるのじゃ。

次回も買いシグナルを見てみるぞ!

関連記事

連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ! 今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ! 連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現 …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ! 移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。 株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13 …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

トップへ戻る