陰の陽はらみ【買いシグナルの酒田五法2】

Pocket

前回は、買いシグナルの「底」を示す、陰の陰はらみを見てみたぞ。今回見てみるのは、それとほとんど同じ形ながら、ローソク足の種類が異なる、陰の陽はらみを見てみるのじゃ。

●陰の陽はらみ

陰の陽はらみは、最初の大陰線の次のローソク足が陽線である形でござる。
底値圏で大陰線が表れ、いわゆるセリングクライマックスが起こるのでござる。この大陰線は、売りの勢いが強く、投げ売り状態であることを示しておるのでござる。その次のローソク足が、大陰線をすっぽり包むような大きな陽線が出現した場合が、この陰の陽はらみなのでござる。
セリングクライマックスが終わり、買い勢力が若干上回っている状態なのでござる。陽はらみが寄引同時線であったり陽線の実体の短いローソク足の場合、売りと買いのエネルギーがそこに集中していることを意味しており、何かのきっかけで、上昇トレンドになるのでござるぞ。
この大陽線が上寄りの陽線となれば、相場転換する可能性がますます高くなるのじゃ。

次回も買いシグナルを見てみるぞ!

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ! このような形なのでござる。 上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじ …

トップへ戻る