陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

Pocket

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。
今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理・確認してみるのじゃ。

買いシグナルは「底」を示しているのでござる。下がるだけ下がり、これ以上は下がらない、という底の到来を表しているものが買いシグナルなのでござる。そのため、紹介する買いシグナルは、基本的に底値圏で出るものということを覚えておくと良いのでござる。

●陰の陰はらみ

はらみ線とは、最初のローソク足にすっぽり包まれるような短いローソク足のことを言うのでござる。
下降トレンドの最中に出た場合、売りの勢いが落ち、その一方で買いの勢いが盛り返し、売り勢力と拮抗しはじめたことを示しておるのじゃ。
陰の陰はらみが出現し、その後の陽線の始値が最後の陰線よりも高い、あるいは陽線の抱き線(1つ前のローソク足を完全に包むくらい大きなローソク足)が出た場合は、買い注文をしてOKじゃ。

次回も買いシグナルを見てみるぞ!

関連記事

【パラボリックとは何でござるか?】

パラボリックとはトレンド系テクニカル指標の一つなのでござる。「パラボリック」という名前は放物線という意味で、ローソク足チャートの上下に出ている放物線の形をした線のことを意味しておるのでござる。RSIの …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは押さえ込み線でござる。 このようなチャートでござる。 押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

トップへ戻る