鍋底【買いシグナルの酒田五法10】

Pocket

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる!
今回は、鍋底について見てみるぞ!
このような形なのじゃ!

鍋底とは、株価が低迷したまま長期にわたり続いている状態のことなのでござる。相場が長い間低迷すると鍋の底のような形になるから、この名がついたのじゃ。ちなみに、英語ではこの鍋底のことを「ソーサーボトム(皿の底)」と呼んでいるのでござるぞ!

鍋底の時は、悪材料が出たとしても株価にさほど反映されないのでござる。底値圏で何度もレンジ相場を繰り返すこともあるのじゃぞ。そのうち下値が切り上がり出し、相当時間がたってから上放れして寄りついたところがトレンド転換になることが多いのでござるぞ。

なお、底値でもみ合う期間は1~3カ月くらい要することもよくあるのでござる。V字型の転換ではなく、ゆっくり上昇転換するのがこの鍋底の特徴なのでござるぞ!

なお、この鍋底の反対のパターンは、高値圏で現れる団子天井でござる。

関連記事

陰線五本【売りシグナルの酒田五法8】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは、陰線五本でござるぞ。 こんな形でござる。 陰線五本は、5連続で陰線が出ているチャートのことで、5本の陰線が横ばいまたは、そ …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。 ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるので …

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

トップへ戻る