鍋底【買いシグナルの酒田五法10】

Pocket

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる!
今回は、鍋底について見てみるぞ!
このような形なのじゃ!

鍋底とは、株価が低迷したまま長期にわたり続いている状態のことなのでござる。相場が長い間低迷すると鍋の底のような形になるから、この名がついたのじゃ。ちなみに、英語ではこの鍋底のことを「ソーサーボトム(皿の底)」と呼んでいるのでござるぞ!

鍋底の時は、悪材料が出たとしても株価にさほど反映されないのでござる。底値圏で何度もレンジ相場を繰り返すこともあるのじゃぞ。そのうち下値が切り上がり出し、相当時間がたってから上放れして寄りついたところがトレンド転換になることが多いのでござるぞ。

なお、底値でもみ合う期間は1~3カ月くらい要することもよくあるのでござる。V字型の転換ではなく、ゆっくり上昇転換するのがこの鍋底の特徴なのでござるぞ!

なお、この鍋底の反対のパターンは、高値圏で現れる団子天井でござる。

関連記事

バケ線【売りシグナルの酒田五法12】

前回までは天井圏で見られる売りサインについて見てみたのでござるが、今回からは、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのはバケ線でござるぞ! このような形でござる。 バケ線 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

トップへ戻る