最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

Pocket

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。

最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出現した翌日に大陰線が出る形の最後の抱き線なのじゃ。
こんな形でござる。

大陰線で安値を更新している状態となる為、その前の陽線はダマシだったようにも見えのでござるが、大陰線が底となるため、トレンド転換することも多いのが特徴でござるぞ。

大陰線の次のローソク足が、大陰線の終値より高値では寄り付けば、買い転換のポイントとなりチャンス到来となるのじゃ。逆に安値で寄り付くようであれば、もう少し様子見した方が良いのでござる。とはいえ、もうそろそろ下降トレンドの終わりが近づいていることのサインであるので、相場の動向に気を付けるのじゃ!

なお、底値圏での大陰線や天井圏での大陽線は転換点となる事が多く、このような場合、出来高も増える傾向にあるのでござる。

また次回も買いサインについて見てみるのじゃ。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その1>】

今回は酒田五法の三川について説明をするぞ! 非常にバリエーションが多いのがこの三川で、三川明の明星、三川宵の明星が代表的じゃ! ローソク足の線の並びに注目した分析方法が三川であると考えられており、前回 …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

【移動平均線の期間設定についてみてみるぞ!】

前回は、グランビルの8法則に基づく、移動平均線と株価の位置関係と売買ポイントについて見てみたぞ! 今回は、移動平均線の期間設定について見てみるのでござる。 移動平均線は、期間設定が短いほど現実の株価の …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

トップへ戻る