最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。
今回は最後の抱き線でござるぞ。
上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、最後の抱き線と言うのでござる。
このような形でござる。

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、つつみ線とも呼ばれておるぞ。
上昇相場において陽線の次に大陰線が出現するのが、抱き線の普通の形でござるが、この最後の抱き線は、陰線が出た後、それを包みこむような形の大陽線が出現しているのが特徴なのでござる。上昇相場であるにもかかわらず大きくマドを下に開けて始まるということで、売りの勢いが強くなりつつあることを意味しているのでござる。しかし、これは下降トレンドへの転換を表している形であると考えられ、翌日安く寄り付いたら売りのシグナルとされているのでござるぞ。

さらに上昇しそうに見えるのでござるが、通常の抱き線よりも強力な相場転換のサインなのでござる。翌日が大陽線よりも下寄りで始まるようなら、完全な売りサインと考えられるぞ。上寄りした場合でもかぶせの陰線で終わるようなであれば、売りサインであるの可能性が高いと考えられるのでござる。

逆のパターンは底値圏で現れる最後の抱き線で、買いサインとなるのでござる。

関連記事

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ! 今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ! 連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ! 今回は、三空について説明するのじゃ!! 三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続 …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる! 前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか? そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づ …

トップへ戻る