捨て子線【売りシグナルの酒田五法4】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ!
今回見るのは捨て子線なのでござる。
このような形なのでござるぞ。

捨て子線とは、十字線が上放れてポツンと現れ、前後の足と離れているチャートのことでござる。

高値圏で、上に窓を空けて十字線が出現し、その次のローソク足は下放れて陰線が出ているのに注目なのでござる。

この形は、上昇エネルギーが最後の炎を燃やしたことを表しており、最後の最後に星のようにポツンと現れている十字線は、上昇エネルギーが最後にここで尽きたことを表しているのでござる。この形は売り圧力が高まった、ということを表しており、同時に相場転換したということも表わしておるのじゃ。トレンド転換であり、もしかしたら大暴落する可能性もあるので、売りサインとなるのでござる。

十字線の後、上放れた陽線が出た場合は、買いエネルギーが強いことを表しており、その場合は買いサインとなるのでござるぞ。

また、反対のパターンで、底値圏で現れる捨て子線というのもあるのでござる。この場合もまた、買いサインとなるのでござる。

関連記事

【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる! 前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか? そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づ …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

トップへ戻る