押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

Pocket

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ!
今回見るのは押さえ込み線でござる。
このようなチャートでござる。

押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前の陰線を上抜く陽線が出現したチャートのことでござる。なお、上放れて陽線が出るパターンもあるのでござるぞ!この陰線は、図では陰線が3本となっておるが、3本という決まりはなく、2本や4本といった場合もあるのでござる。三羽ガラスと似ておるが、1本目の陰線が前日終値より高い位置にあるところが違うのじゃ!

陰線が連続して出現すると、天井に来たのでは…と思いそうになるのでござるが、これは相場の勢いが一時的に抑え込まれただけでござるぞ。そのため、上放れた陰線が3本出現した後に陽線が上抜く・上放れる形で出現したら、そこが買いのチャンスとなるのでござる。

この陽線が出現したとしても、途中で跳ね返される場合もあるかもしれないのでござる。そのため、前日高値を上抜いた所まで待つのが良いのじゃ。

関連記事

団子天井【売りシグナルの酒田五法3】

今回も天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは団子天井なのでござるぞ。 このような形でござる。 団子天井は、高値圏で短い足が何本も続いた後、窓を開けて下放れた陰線が出現した状態 …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その5>】

前回、基本の黒三兵について説明したのじゃが、今回は黒三兵の亜種について見てみるのでござる。 今回は、坊主三羽という形を見てみるぞ! このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、三本とも下ヒゲ …

トップへ戻る