抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。
今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。
このような形でござる。

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、つつみ線とも呼ばれているのでござる。
売りサインの包み線(抱き線)は、前日の陽線とは逆に当日のローソク足の値幅を完全に包む大陰線の組み合わせのことでござる。これは、今までのトレンドを一変する程強い切り替えしのエネルギーがあることを示しているのでござる。そのため、この形が上昇トレンドの天井で出た場合、相場転換のサインとみるのが一般的でござる。

この状態は、売り勢力が強いことを示しておるので、このサインを見逃さず、手じまいした方が良いのでござる。

逆のパターンは底値圏で現れる抱き線で、買いサインとなるのでござるぞ!

関連記事

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

捨て子線【買いシグナルの酒田五法9】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、捨て子線について見てみるのじゃ。 捨て子線とは、十字線が宙に浮いたような状態で、前後の足と離れている形のことを言うのでござる。 …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

下値遊び【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は下値遊びを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ。 下値遊びは、大陰線で下落した後、比較的小さなローソク足を5本から …

トップへ戻る