差し込み線【買いシグナルの酒田五法16】

Pocket

今回も、上昇トレンドの中で現れる買いサインについて見てみるのでござる。
今回見るのは、差し込み線でござるぞ。
こんな形でござる。

差し込み線とは、最初は陰線、次に陽線という組み合わせで、最初の陰線の中央より上まで陽線が届く長さになっているのじゃ。ただし、この陽線の胴の部分の最上部は、最初の陰線の胴の最上部までは到達していないのがポイントでござる。
そのため、上昇トレンドの最中にこの差し込み線が出た場合は、最初の陰線は利益確定売りが多かったために一旦陰線を付けたものの、それも一服して買い勢力が回復したという意味合いになるのでござる。その場合は、上昇トレンドが続くということを示している可能性が高いのでござるぞ。差し込み線は、上昇相場途中のもみ合いで出ることが多い形なのでござる。

なお、差しこみ線は下降トレンドでも見られるのじゃ。その場合は、「買い勢力の追撃も及ばなかった」という意味になり、下降トレンドがより継続する傾向が強いのでござるぞ!

関連記事

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その6>】

前回、は黒三兵の一種である坊主三羽を見てみたぞ! 今回も黒三兵の亜種を見てみるのでござる。 今回見るのは、同時三羽じゃ。このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、最初の陰線の終値と、2本目 …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ! 移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。 株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13 …

トップへ戻る