団子天井【売りシグナルの酒田五法3】

Pocket

今回も天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ!
今回見るのは団子天井なのでござるぞ。
このような形でござる。

団子天井は、高値圏で短い足が何本も続いた後、窓を開けて下放れた陰線が出現した状態のチャートのことでござる。

緩やかな半円の天井を描く形なのでござるぞ。円を描いている形のチャートであるため、団子を連想させる、ということで、団子天井という名がついているのでござる。なお、ラウンドトップとも呼ばれておるのでござる。

高値でもみ合った後に上放れた場合は、買いサインとなるのでござる。しかし、下に放れた場合には、ここが天井となり、その後下落していく可能性が高いのでござる。

逆のパターンは底値圏で現れる鍋底で、買いサインなのでござる。

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

【(酒田五法)三山について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線の種類じゃが、それぞれの種類について、見ていくぞ! 今回は、三山について見てみるのじゃ! 三山の代表的なものはこれじゃ! 三山 三尊天井 真ん中の大きな釈迦の横に菩薩が配置された三尊 …

【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ! 移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。 株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

トップへ戻る