入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ!
今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。
このような形でござるぞ。

二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについて取り上げたのでござる。
その時にも説明したが、再度説明すると、コマ足やそれに近いくらいの非常に短いローソク足が2、3個連続している状態なのでござるぞ。以前取り上げた上昇トレンドで見られるものは、上放れた状態で出現するのでござる。
今回は下降トレンドで見られるものなのでござるが、下放れたものが出た場合は、下降トレンドがさらに続くということを表しているのでござる。

以前説明したとおり、二ツ星・三ツ星は、上昇相場でも下降相場でも分岐点を示すと言われているのでござる。先ほど書いたとおり、下落相場途中で出現後、翌日が更に下放れるようならば、下降トレンド継続と見る事ができるのでござるぞ。

関連記事

陰の陽はらみ【買いシグナルの酒田五法2】

前回は、買いシグナルの「底」を示す、陰の陰はらみを見てみたぞ。今回見てみるのは、それとほとんど同じ形ながら、ローソク足の種類が異なる、陰の陽はらみを見てみるのじゃ。 ●陰の陽はらみ 陰の陽はらみは、最 …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その3>】

今回も前回に引き続き、三川の中の、相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるぞ! 陰の三つ星…陰線の後、ごく短いローソク足が2、3個連続して出現することを言っておるぞ。天井圏でのこの形の出 …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

トップへ戻る