入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ!
今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。
このような形でござるぞ。

二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについて取り上げたのでござる。
その時にも説明したが、再度説明すると、コマ足やそれに近いくらいの非常に短いローソク足が2、3個連続している状態なのでござるぞ。以前取り上げた上昇トレンドで見られるものは、上放れた状態で出現するのでござる。
今回は下降トレンドで見られるものなのでござるが、下放れたものが出た場合は、下降トレンドがさらに続くということを表しているのでござる。

以前説明したとおり、二ツ星・三ツ星は、上昇相場でも下降相場でも分岐点を示すと言われているのでござる。先ほど書いたとおり、下落相場途中で出現後、翌日が更に下放れるようならば、下降トレンド継続と見る事ができるのでござるぞ。

関連記事

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは押さえ込み線でござる。 このようなチャートでござる。 押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前 …

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

トップへ戻る