入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ!
今回見るのは、入り首とアテ線でござる。
入り首はこのような形でござる。

アテ線はこのような形でござる。

入り首は陽線で、下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足に多少食い込む形のローソク足なのでござる。
あて首線も同様に陽線でござる。同じく下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足の安値水準までしか戻せないパターンなのでござる。

どちらも変化の激しい相場に現れやすい形で、この後下げるようであれば、追撃売りのチャンスとなるのでござるぞ!

関連記事

【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャ …

陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、陽線五本でござる。 陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。 この5本の陽線は、横ばい、またはそ …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

【移動平均線乖離率って何でござるか?】

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。 この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなの …

放れ五手黒一本底【買いシグナルの酒田五法11】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、放れ五手黒一本底でござるぞ。 このような形なのじゃ! 放れ五手黒一本底とは、下降トレンドの時、窓を開けた下落した後に、小陰 …

トップへ戻る