入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

Pocket

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ!
今回見るのは、入り首とアテ線でござる。
入り首はこのような形でござる。

アテ線はこのような形でござる。

入り首は陽線で、下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足に多少食い込む形のローソク足なのでござる。
あて首線も同様に陽線でござる。同じく下落相場において、直前のローソク足の終値より安値で始まり、直前のローソク足の安値水準までしか戻せないパターンなのでござる。

どちらも変化の激しい相場に現れやすい形で、この後下げるようであれば、追撃売りのチャンスとなるのでござるぞ!

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その1>】

前回までは窓(空、ギャップ)を表わす、三空の種類を色々と見てきたのでござるが、今回からは三兵について見てみるぞ。 今回説明するのは、三兵の一種である、赤三兵じゃ! こんな風に陽線のローソク足が連続した …

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ! 今回は、三空について説明するのじゃ!! 三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

トップへ戻る