二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

Pocket

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ!
今回見るのは、二本の差し込み線でござる。

そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の部分)の最上部は、最初の陰線の実線の最上部までは到達していないことが条件になるのでござる。
このような形でござるぞ!

通常、差し込み線は売りサインとなるのでござる。しかし、再び差し込み線が現れるようであれば、利食いもほぼ終わり、買い方の力が強くなっていると考えられるのでござる。最初の差し込み線の後、また差し込線が出現しているために、二本の差し込み線、という名になっておるのじゃ。

二本目の差し込み線が出現した後の動きも注目しないといけないので、このサインが出たから完全な底入れになったとは言い難い部分もあるのじゃが、底が近い・上昇トレンドへ転換するパワーが存在することを示しているのじゃぞ。

関連記事

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その3>】

今回も前回に引き続き、三川の中の、相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるぞ! 陰の三つ星…陰線の後、ごく短いローソク足が2、3個連続して出現することを言っておるぞ。天井圏でのこの形の出 …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

トップへ戻る