二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

Pocket

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ!

今回見てみるのは、二ツ星三ツ星でござる。
下の図は三ツ星でござるぞ。

二ツ星と三ツ星は、コマ足やそれに近いくらいの非常に短いローソク足が2、3個連続している状態でござる。

このような線が出るのは、この図のように、一気に上昇が進んだ後に出るのでござる。コマ足やそれに近い状態のローソク足が出た状態は、流れの分岐点になっていることが多いのでござるが、これらが出た後、最後のローソク足が窓を開けて上放れた状態で出た場合は、買いのシグナルとされておるのでござる。

なお、この二ツ星や三ツ星は、下降トレンドの中でも見られることがあるのじゃ。その場合は逆に、下落するのじゃ。このサインは、現れた時点のトレンドを後押しするサインと言えるのでござるぞ!

関連記事

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

首つり線【売りシグナルの酒田五法1】

前回までは、底値圏や上昇トレンドで見られる買いサインについて見てきたのでござるが、今回からは、売りサインを見てみるのでござるぞ! まずは、天井圏で見られる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

トップへ戻る