下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

Pocket

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる!
今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。
このような形なのでござる。

下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し、その次に陰線の終値より高い価格の始値の陽線が出現したチャートのことでござる。
陰線の後に、陰線の終値より高い始値の陽線が出たことから、下げ止まりなのでは?と思ってしまうが、実際は、下放れた後のタスキは大暴落の前兆であるとされているのでござるぞ!

逆のパターンは上昇トレンドで現れる上放れタスキで、買いサインとなるのでござる。

関連記事

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

小幅上放れ黒線【買いシグナルの酒田五法22】

今回もまた、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござる! 今回見るのは、小幅上放れ黒線でござるぞ。 小幅上放れ黒線とは、安い水準での値幅の小さいもみ合いが続いた後に、突如上放れて窓 …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

トップへ戻る