上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ!
今回見るのは、上放れタスキでござるぞ!
このような形でござる。

上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような形になったものを上放れタスキと言うのでござるぞ。一見すると下降トレンドへ転換したように見えるのでござるが、この陰線は利益確定の売りが一時的に増えたと考えられるのでござる。そのため、利益確定売りが一服した後に再上昇する可能性が高く、この形が出ると、買いサインと考えられるのでござる。

なお、陽線が窓を開けて出現しておるが、この窓を閉めずに再び上昇することが多いのでござる。しかし、この窓を閉めてから再上昇することもあるのでござるぞ!

なお、この逆パターンは、下降トレンドで現れる下放れタスキなのでござる。こちらは売りサインでござるぞ!

関連記事

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ! バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ! その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下 …

抱き線【買いシグナルの酒田五法3】

前回・前々回と、陰の陰はらみ、陰の陽はらみといった、はらみというローソク足の組み合わせのうち、底の到来を予兆させる買いシグナルについて見たのでござる。 今回も底の到来を予兆させる買いシグナルを見てみる …

【ウィリアムズ%Rの取引方法を説明するのでござる】

前回まで、ウィリアムズ%Rの概要を説明したのでござる。その中で少しだけ触れた、ウィリアムズ%Rの売りと買いのシグナルについて、今回は詳しく見てみるのでござるぞ。 □買いシグナル□ ●「%R」が上限ライ …

トップへ戻る