上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ!
今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ!
このような形なのでござる。

上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじり上げて行くような状態である「ジリ高」で出るのでござる。ジリ高の中、窓を開けて陽線が出現し、翌日もほぼ同じ長さの陽線が並んでいる状態が上放れの並び赤なのでござる。この形の1本目の陽線は、成行買い注文が入った形なのでござる。そして2本目の陽線は、利食いによって安寄りしたものの、引けで値を戻したということを表しておるのでござるぞ。上昇エネルギーがまだまだ強いことを示しているのでござる。

陽線が並んだ翌日に上寄りすれば、更に上昇する可能性が高いのでござる。頻繁に見られる形ではないだけに、この形が出た場合は注目なのござるぞ。

逆のパターンは下降トレンドで現れる下放れの並び赤で、こちらは売りサインでござる。

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

トップへ戻る