上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ!
今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ!
このような形なのでござる。

上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじり上げて行くような状態である「ジリ高」で出るのでござる。ジリ高の中、窓を開けて陽線が出現し、翌日もほぼ同じ長さの陽線が並んでいる状態が上放れの並び赤なのでござる。この形の1本目の陽線は、成行買い注文が入った形なのでござる。そして2本目の陽線は、利食いによって安寄りしたものの、引けで値を戻したということを表しておるのでござるぞ。上昇エネルギーがまだまだ強いことを示しているのでござる。

陽線が並んだ翌日に上寄りすれば、更に上昇する可能性が高いのでござる。頻繁に見られる形ではないだけに、この形が出た場合は注目なのござるぞ。

逆のパターンは下降トレンドで現れる下放れの並び赤で、こちらは売りサインでござる。

関連記事

捨て子線【売りシグナルの酒田五法4】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形なのでござるぞ。 捨て子線とは、十字線が上放れてポツンと現れ、前後の足と離れているチャー …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

トップへ戻る