上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ!
今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ!
このような形なのでござる。

上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじり上げて行くような状態である「ジリ高」で出るのでござる。ジリ高の中、窓を開けて陽線が出現し、翌日もほぼ同じ長さの陽線が並んでいる状態が上放れの並び赤なのでござる。この形の1本目の陽線は、成行買い注文が入った形なのでござる。そして2本目の陽線は、利食いによって安寄りしたものの、引けで値を戻したということを表しておるのでござるぞ。上昇エネルギーがまだまだ強いことを示しているのでござる。

陽線が並んだ翌日に上寄りすれば、更に上昇する可能性が高いのでござる。頻繁に見られる形ではないだけに、この形が出た場合は注目なのござるぞ。

逆のパターンは下降トレンドで現れる下放れの並び赤で、こちらは売りサインでござる。

関連記事

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは押さえ込み線でござる。 このようなチャートでござる。 押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前 …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

【繰越税金資産のある会社とそうでない会社とを比べるのでござる】

前回、繰越税金資産について書いたのでござる。この繰越税金資産は、将来税金を払わないで良い権利のことを言うのでござる。 今回もまた2つの会社を比べてみるのでござる。この2つの会社は、どちらもPBRが0. …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

トップへ戻る