上値遊び【買いシグナルの酒田五法18】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのでござるぞ!
今回見るのは上値遊びじゃ!
このような形なのでござるぞ。

上値遊びは、上昇トレンドの中で大きな陽線が出現し、その後、小さなローソク足が出てくるもみ合いの状態になるのでござるが、その後、上方向に窓をあけて陽線が出た状態なのでござる。

先ほど書いたとおり、最初の大きな陽線の後、高値を維持したまま売り勢力と買い勢力がもみ合っているために、小さな陰線や陽線が5本~10本程度出るのでござるぞ。この状態に決着がついて、上方向に窓を開けた…つまり、買い勢力がまさっているということなのでござるぞ。

そのため、もみ合いの後に出る上放れた陽線が、買いのサインであるのじゃ。なお、上値遊びという名前の「遊び」というのは、最初の大きな陽線の後に高値でもみあっている…つまり、もみ合いの状態のことを指しているようでござるぞ。
もみ合いはエネルギーを貯め込んでいる状態なのじゃ。そのため、そのエネルギーが上方向に向かったということが、もみ合いの後の上放れた陽線から読み取れるのでござる!

逆のパターンは下降トレンドで現れる下値遊びでござる。こちらは売りサインとなるのでござる。

関連記事

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

下値遊び【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は下値遊びを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ。 下値遊びは、大陰線で下落した後、比較的小さなローソク足を5本から …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

トップへ戻る