上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

Pocket

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ!
今回見るのは上げ三法なのでござる。
このような形でござるぞ。

三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説いておるのでござる。今までは、ローソク足の組み合わせやチャートの形で買い・売りのタイミングについて見てきたが、この休む相場では、「相場の転換点なのか、小休止なのかを見極める」ということを説いているのでござる。相場の中で発生する保ち合いを見極め、むやみやたらと売り買いだけをするべきではない、ということなのでござる。

この上げ三法は上昇トレンド中でよく見られるのじゃ。上げ三法では、大陽線が短か目の陰線を3本はらんでいるのでござる。そして、翌日に最後の陰線よりも高値寄りした陽線が出現した形になっておるのでござるぞ。この上げ三法は、上昇トレンドの一時的な休みを示しておるのじゃ。最後に高寄りした陽線が出たことで、買いサインを考えるのでござる。

反対に、下降トレンドで見られる下げ三法というものもあるのでござる。

関連記事

陰線五本【売りシグナルの酒田五法8】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは、陰線五本でござるぞ。 こんな形でござる。 陰線五本は、5連続で陰線が出ているチャートのことで、5本の陰線が横ばいまたは、そ …

【酒田五法について説明するぞ!】

前回触れた酒田罫線じゃが、その内容について、今回から詳しく見ていくぞ! この酒田罫線では酒田五法と呼ばれるローソク足の並びがあるのじゃ。 このローソク足の並びや形でその後の相場の流れを読んで行くのじゃ …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

【ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる!】

また今回も、ウィリアムズ%Rについて説明するのでござる。 ウィリアムズ%Rは、0%近辺を高値水準、100%近辺を下値水準として見るのでござる。0%、100%の水準に張り付いた動きをガーベージトップやガ …

トップへ戻る