三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。
このような形なのじゃ!

三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のことでござる。
以前、黒三兵の回で三羽烏に少し触れたのじゃが、今一度、詳しく見てみるのでござるぞ。

3つの長い陰線のローソク足が続き、二本目が前のローソク足の胴体の長さ内の価格で始まるのでござる。そして、前日の終値を下回る形で終わり、 三本目も二本目と同様な型のローソク足になったチャートが三羽烏といい、黒三兵ともいうのでござる売り圧力が強まっていると考えられ、今後下落が続く可能性が高いのでござる。

似た形に、上昇トレンドの中で見られる買いサインの押え込み線があるが、押え込み線は一つ目の陰線が陽線となっており、前日終値よりも高い位置で始まるのが特徴でござる。しかも買いサインでござるから、三羽烏とはまったく正反対のサインなのでござる。

関連記事

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

【ストキャスティクスの効果的な使い方とは】

ストキャスティクスじゃが、反応が早すぎるという諸刃の剣である特徴があるため、トレンド系指標と組み合わせて使うのが良いのでござる。トレンドが強い相場ではダマシだらけになってしまう欠点があるため、ストキャ …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

トップへ戻る