三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。
このような形なのじゃ!

三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のことでござる。
以前、黒三兵の回で三羽烏に少し触れたのじゃが、今一度、詳しく見てみるのでござるぞ。

3つの長い陰線のローソク足が続き、二本目が前のローソク足の胴体の長さ内の価格で始まるのでござる。そして、前日の終値を下回る形で終わり、 三本目も二本目と同様な型のローソク足になったチャートが三羽烏といい、黒三兵ともいうのでござる売り圧力が強まっていると考えられ、今後下落が続く可能性が高いのでござる。

似た形に、上昇トレンドの中で見られる買いサインの押え込み線があるが、押え込み線は一つ目の陰線が陽線となっており、前日終値よりも高い位置で始まるのが特徴でござる。しかも買いサインでござるから、三羽烏とはまったく正反対のサインなのでござる。

関連記事

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

【ゴールデンクロスとデッドクロスを見てみるのじゃ!】

ここまで何回かに渡って移動平均線を見てきておるが、この移動平均線で有名なのが、ゴールデンクロスとデッドクロスでござるぞ。 ゴールデンクロスとデッドクロスという名前を聞いたことがある、という方もいるので …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ! バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ! その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下 …

トップへ戻る