三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法14】

Pocket

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござるぞ!
今回見るのは、下げ三法なのでござる。
このような形でござるぞ。

上げ三法でも説明したとおり、三法とは「売り・買い・休み」を意味しており、酒田五法では、休みも重要であるとされておるのでござる。

この下げ三法は、大陰線の値幅の範囲内で3本の陽線が出て、その後安寄りした陰線が出現した形でござるぞ。

大陰線が出て、陽線が3本連続したことで、底に到達したと思わせるのでござるが、その後3連続で陽線が続き、大陰線が陽線をはらんだ状態となるのでござる。この段階で、まだ底に来ていないことを示唆しているのでござる。最後の陰線が安寄りした陰線になったことで、下降トレンドはまだ続くことを表しておるのでござるぞ。

逆のパターンは以前紹介した、上昇トレンドで現れる上げ三法なのでござる。こちらは買いサインでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

【MACDってどんなものでござるか?】

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACD。Moving Average Convergence and Divergence の略でM …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その3>】

今回も前回に引き続き、三川の中の、相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるぞ! 陰の三つ星…陰線の後、ごく短いローソク足が2、3個連続して出現することを言っておるぞ。天井圏でのこの形の出 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

トップへ戻る