三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

Pocket

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。
今回見るのは捨て子線なのでござる。
このような形でござる。

捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見てきたのでござる。底値圏で見られるものについては上昇トレンドへ、天井圏で見られるものについては下降トレンドへの転換サインであったが、下降トレンド時に見られる捨て子線は、現在のトレンドが続くことを意味しておるのでござる。下放れた十字線が出ているので、下降トレンド継続の強いサインとなっているのでござるぞ。

この後さらに下放れたローソク足が出るのであれば、さらに売りを増すチャンスになるのでござる。十字線を境に暴落していくこともよくあるため、この形が出た時は要注意なのでござるぞ。ポイントは、十字線が出た次のローソク足がどうなっているか、ということでござる。

関連記事

【移動平均線乖離率って何でござるか?】

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。 この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなの …

三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。 このような形なのじゃ! 三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のこと …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その1>】

前回までは窓(空、ギャップ)を表わす、三空の種類を色々と見てきたのでござるが、今回からは三兵について見てみるぞ。 今回説明するのは、三兵の一種である、赤三兵じゃ! こんな風に陽線のローソク足が連続した …

陽の陽はらみ【売りシグナルの酒田五法6】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについてみてみるぞ! 今回は陽の陽はらみでござる。 このような形なのでござる。 陽の陽はらみとは、大陽線の翌日に出た陽線が、前日の大陽線の中に納まるような形(はら …

【ストキャスティクスをうまく使いこなすためには?】

前回書いたとおり、ストキャスティクスには、反応が早すぎるという長所でもあり短所でもある特徴があるのでござる。この反応の速さが短所になる場合の問題点を克服するため、実際の売買判断では、その難点を克服する …

トップへ戻る