三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

Pocket

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。
今回見るのは捨て子線なのでござる。
このような形でござる。

捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見てきたのでござる。底値圏で見られるものについては上昇トレンドへ、天井圏で見られるものについては下降トレンドへの転換サインであったが、下降トレンド時に見られる捨て子線は、現在のトレンドが続くことを意味しておるのでござる。下放れた十字線が出ているので、下降トレンド継続の強いサインとなっているのでござるぞ。

この後さらに下放れたローソク足が出るのであれば、さらに売りを増すチャンスになるのでござる。十字線を境に暴落していくこともよくあるため、この形が出た時は要注意なのでござるぞ。ポイントは、十字線が出た次のローソク足がどうなっているか、ということでござる。

関連記事

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、陽線五本でござる。 陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。 この5本の陽線は、横ばい、またはそ …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

トップへ戻る