三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。
このような形でござる。

三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現し、その後に十字線が出てきた形のチャートのことでござる。

上昇相場で窓を開けて陽線が出た後に、3本新高値を付けたということは、買い注文が多く出ていることを示しているのでござる。しかし、その後に十字線が出たということは、売りと買いが拮抗した「迷い」の状態であることを示しておるぞ。この形は、上昇エネルギーの急激な発散による極限状態であり、売り勢力が力をつけていることを表しているのでござる。

十字線の後が安寄りした場合は、下降トレンドへ転換した可能性が高いのでござる。

関連記事

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

小幅上放れ黒線【買いシグナルの酒田五法22】

今回もまた、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござる! 今回見るのは、小幅上放れ黒線でござるぞ。 小幅上放れ黒線とは、安い水準での値幅の小さいもみ合いが続いた後に、突如上放れて窓 …

下放れタスキ【売りシグナルの酒田五法16】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござる! 今回は下放れタスキを見てみるのでござるぞ。 このような形なのでござる。 下放れタスキは、下降トレンドの際、下放れた陰線が出現し …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ! バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ! その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下 …

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

トップへ戻る