三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。
このような形でござる。

三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現し、その後に十字線が出てきた形のチャートのことでござる。

上昇相場で窓を開けて陽線が出た後に、3本新高値を付けたということは、買い注文が多く出ていることを示しているのでござる。しかし、その後に十字線が出たということは、売りと買いが拮抗した「迷い」の状態であることを示しておるぞ。この形は、上昇エネルギーの急激な発散による極限状態であり、売り勢力が力をつけていることを表しているのでござる。

十字線の後が安寄りした場合は、下降トレンドへ転換した可能性が高いのでござる。

関連記事

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

【ローソク足と酒田罫線】

株やFX、商品先物、バイナリーオプション等、数多くの金融商品があり、その価格変動は様々な方法でチャート表示されておるぞ。日本ではローソク足が主流じゃぞ。一方欧米ではバーチャートと呼ばれるチャートが主流 …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

【移動平均線乖離率って何でござるか?】

数回に渡って移動平均線について取り上げてきたのでござるが、今回は、移動平均線乖離率について取り上げるのでござる。 この移動平均線乖離率とは、株価が移動平均線に対してどれくらい離れているかを見るものなの …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

トップへ戻る