三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。
このような形でござる。

三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現し、その後に十字線が出てきた形のチャートのことでござる。

上昇相場で窓を開けて陽線が出た後に、3本新高値を付けたということは、買い注文が多く出ていることを示しているのでござる。しかし、その後に十字線が出たということは、売りと買いが拮抗した「迷い」の状態であることを示しておるぞ。この形は、上昇エネルギーの急激な発散による極限状態であり、売り勢力が力をつけていることを表しているのでござる。

十字線の後が安寄りした場合は、下降トレンドへ転換した可能性が高いのでござる。

関連記事

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法14】

今回もまた、下降トレンドで見られる売りサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、下げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 上げ三法でも説明したとおり、三法とは「売り・買い・休み」を意 …

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

トップへ戻る