三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

Pocket

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。
今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。
このような形でござる。

三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現し、その後に十字線が出てきた形のチャートのことでござる。

上昇相場で窓を開けて陽線が出た後に、3本新高値を付けたということは、買い注文が多く出ていることを示しているのでござる。しかし、その後に十字線が出たということは、売りと買いが拮抗した「迷い」の状態であることを示しておるぞ。この形は、上昇エネルギーの急激な発散による極限状態であり、売り勢力が力をつけていることを表しているのでござる。

十字線の後が安寄りした場合は、下降トレンドへ転換した可能性が高いのでござる。

関連記事

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

【ROCについて説明するのでござる】

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター …

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

トップへ戻る