三手大黒線【買いシグナルの酒田五法7】

Pocket

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござるぞ。
今回は、三手大黒線でござる。
このような形でござるぞ。

下落相場で、窓を空けないで3本の大陰線が並んでいる線でござる。三手大黒線が出現した際には、損失を最小限に食い止めたいと考える市場参加者が多く、投げ売り状態であるのじゃ。この投げ売り状態が続くうちに売りものが出尽くし、市場参加者もようやくあきらめがつくと相場が落ち着くのでござる。三手大陰線の次のローソク足が陽線となった場合、トレンド転換の局面に入ったと考えて良いのでござるぞ。

ちなみに、酒田五法では三連続で陰線や陽線となった場合、転換の節目を示すと考える事が多いのでござる。ただし、暴落の勢いが強い場合は、三手大黒線が出た後も陰線が出ることもあるぞ。

三手大黒線については以上でござる。次回も、底値圏で出現する上昇サインについて見てみるぞ。

関連記事

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

下値遊び【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は下値遊びを見てみるのでござる。 このような形でござるぞ。 下値遊びは、大陰線で下落した後、比較的小さなローソク足を5本から …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

トップへ戻る