三手大黒線【買いシグナルの酒田五法7】

Pocket

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござるぞ。
今回は、三手大黒線でござる。
このような形でござるぞ。

下落相場で、窓を空けないで3本の大陰線が並んでいる線でござる。三手大黒線が出現した際には、損失を最小限に食い止めたいと考える市場参加者が多く、投げ売り状態であるのじゃ。この投げ売り状態が続くうちに売りものが出尽くし、市場参加者もようやくあきらめがつくと相場が落ち着くのでござる。三手大陰線の次のローソク足が陽線となった場合、トレンド転換の局面に入ったと考えて良いのでござるぞ。

ちなみに、酒田五法では三連続で陰線や陽線となった場合、転換の節目を示すと考える事が多いのでござる。ただし、暴落の勢いが強い場合は、三手大黒線が出た後も陰線が出ることもあるぞ。

三手大黒線については以上でござる。次回も、底値圏で出現する上昇サインについて見てみるぞ。

関連記事

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

首つり線【売りシグナルの酒田五法1】

前回までは、底値圏や上昇トレンドで見られる買いサインについて見てきたのでござるが、今回からは、売りサインを見てみるのでござるぞ! まずは、天井圏で見られる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。 今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。 こんな形でござるぞ! この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上 …

【移動平均乖離率ってなんでござるか?】

今回は移動平均乖離率(いどうへいきんかいりりつ)を紹介するぞ! 移動平均乖離率とは、株価が移動平均線からどれくらい離れているかを見る指標でござるぞ。 株価の終値と指定期間(一般的には5日・25日・13 …

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

トップへ戻る