バケ線【売りシグナルの酒田五法12】

Pocket

前回までは天井圏で見られる売りサインについて見てみたのでござるが、今回からは、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。
今回見るのはバケ線でござるぞ!
このような形でござる。

バケ線とは、下降相場で出現する大陽線や上昇相場で出現する大陰線のことなのでござる。相場の方向に逆らうかのように、このような大陽線・大陰線が出現するわけは、大きなニュースがあった場合と、デマだった場合とがあるのでござるぞ。本当にビックニュースだった場合、出現した大陽線や大陰線をきっかけに、そのまま相場が反転する可能性があるのでござる。しかしこれがデマだった場合は、一時的に大陽線や大陰線が出ただけにすぎず、もとのトレンドに落ち着くのじゃ。バケ線は、デマ情報によって一時的な変動するだけにとどまることが多いぞ。

このようにバケ線の出現は確実なものではないことが多いことから、安易な判断はせず、その後の動向を見極めることが大切なのでござる。

もしその後も上げるようならば、トレンド転換する可能性があるが、安寄りしたり大陰線となった場合には、下降トレンドにあって売り勢力が強い、ということなのでござる。1

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その4>】

前回までは、赤三兵やその亜種について説明したのでござる。 今回は黒三兵について説明をするのじゃ! 黒三兵も赤三兵同様、亜種があるぞ。 まずは基本形の黒三兵を見るでござるぞ! 赤三兵とは逆に、陰線が三本 …

【ウィリアムズ%Rとは?】

ウィリアムズ%R(William`s%R)は、アメリカの有名な株式トレーダーであるラリー・ウィリアムズが1966年に作ったオシレーター系指標でござる。%Rオシレーター、%Rとも呼ばれ、株価の買われすぎ …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

連続下げ三手放れ三ツ星【買いシグナルの酒田五法13】

底値圏で見られる上昇サインについて、今回も見てみるのじゃ! 今回は、連続下げ三手放れ三ツ星について見てみるのでござるぞ! 連続下げ三手放れミツ星とは、下放れて窓を開け、3本の短い陰線が続き、十字線が現 …

トップへ戻る