かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

Pocket

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。
今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。
このような形でござるぞ。

かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、かぶせ線(陽線の高値よりも高いところから陰線が出てくる)の大陰線が出現し、その後少しもみ合った後に、最後に大陽線が出現して、かぶせ線の陰線の高値を超えた状態のチャートのことでござるぞ。

陰線のかぶせ線が出たにも関わらず、下降せずにもみ合い、最後に大陽線が出て、陰線のかぶせ線を超えた、ということは、強力な買いサインであると考えられるのでござる。

上昇途中の大陽線の翌日は高寄りしたものの大陰線となってかぶせの形となるぞ。それほど長い上昇相場ではない時に、カブセ線の上抜きのパターンが出現したら、強い買いのサインとなるのでござる。しかし、上昇相場が長く続いた後に、カブセ線の上抜きのパターンが出現した場合には、逆に反転して下降してしまう可能性もあるのでござるぞ。

関連記事

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その6>】

前回、は黒三兵の一種である坊主三羽を見てみたぞ! 今回も黒三兵の亜種を見てみるのでござる。 今回見るのは、同時三羽じゃ。このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、最初の陰線の終値と、2本目 …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その2>】

前回は、説明するのは、三兵の一つである赤三兵を説明したぞ。 前回説明した赤三兵はあくまでも基本の形じゃったが、今回はその亜種について説明するぞ。 今回見てみるのは、赤三兵の一種である赤三兵先づまりじゃ …

【MACDでどのようにトレンドを見るのでござるか?】

前回、MACDとはどのようなものなのか、ということを説明したのでござるが、今回もまた、MACDの特徴を説明するのでござる。 前回説明したとおり、MACDは日本語にすると『移動平均収束拡散法』というもの …

陰の陽はらみ【買いシグナルの酒田五法2】

前回は、買いシグナルの「底」を示す、陰の陰はらみを見てみたぞ。今回見てみるのは、それとほとんど同じ形ながら、ローソク足の種類が異なる、陰の陽はらみを見てみるのじゃ。 ●陰の陽はらみ 陰の陽はらみは、最 …

トップへ戻る