【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

Pocket

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そして、前回も説明したとおり、RSIは、相場の方向性がはっきりしている時は、まったく使い物にならないということが欠点でござる。教科書通りのやり方では、相場がある方向に向かって一気に動いている時などは、だましが大量に発生してしまい、誤った取引をしてしまうことになるのでござる。

それを補うために、移動平均線等のトレンド系指標と一緒に使うのが良い、というのもすでに紹介しておるのでござるが、今回は、それ以外の方法を紹介するのでござる。

それは、値上がり幅が値下がり幅を上回っているのが上昇トレンド、下回っているのが下降トレンドということを意識し、RSI50%以上は上昇トレンド、RSI50%以下は下降トレンドと判断する方法なのでござる。
この判断方法を利用すれば、上昇トレンドでは押し目買い、下降トレンドでは戻り売りを取引できるのでござる。

この方法を使いながら、さらにはトレンド系指標を使うことで、より一層の精度が増すのでござるぞ!

関連記事

上値遊び【買いシグナルの酒田五法18】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは上値遊びじゃ! このような形なのでござるぞ。 上値遊びは、上昇トレンドの中で大きな陽線が出現し、その後、小さなローソク …

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

三手大黒線【買いシグナルの酒田五法7】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござるぞ。 今回は、三手大黒線でござる。 このような形でござるぞ。 下落相場で、窓を空けないで3本の大陰線が並んでいる線でござる。三手大黒線が出現し …

捨て子線【買いシグナルの酒田五法9】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、捨て子線について見てみるのじゃ。 捨て子線とは、十字線が宙に浮いたような状態で、前後の足と離れている形のことを言うのでござる。 …

トップへ戻る