【RSIについて説明するのでござる】

Pocket

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。
RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅(上昇幅の累計と下落幅の累計)を合計し、その中で上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標なのでござるぞ。

RSIの計算式は、

n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)

となるのでござる。

前日の終値より当日の終値が高い場合…つまり、当日のローソク足が陽線であれば値上がり幅に、反対に低い場合(つまり陰線のローソク足である場合)、値下がり幅にカウントするのでござる。
判断の根拠が値幅=上昇や下降の幅を基準にしている点が、株価自体に注目した移動平均線などとは違うのでござるぞ。RSIは「相場の振幅=相場の勢い」をすばやく察知できるのが特長なのじゃ。

なお、RSIの一番ポピュラーな使い方は、

RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り
RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買い

というものでござる。
とはいえ、RSIにも弱点があるのじゃ。上昇、下降を問わず、強いトレンドがある相場では、RSIが100%や0%近辺に張りついてしまい、正確なサインを出せなくなるのでござる。
そのため、RSIは単独で使わず、トレンド系のテクニカル指標(例えば移動平均線など)と一緒に使って、互いの欠点を補い合う形で使うのがベストでござるぞ!

関連記事

【移動平均線と株価の位置関係を見てみるのでござる】

前回、移動平均線について見てみたのじゃが、今回もまた、移動平均線について取り上げるのでござる。 移動平均線はどのようにして算出されるのか、ということを前回見てみたのでござるが、では、算出された移動平均 …

【ボリンジャーバンドはどうやって使うのでござるか?】

数回にわたってボリンジャーバンドについて取り上げておるのでござるが、では、ボリンジャーバンドはどのように使うのでござろうか?実際の使い方について見てみるのでござる。 ボリンジャーバンドは、収束と拡散を …

押さえ込み線 【買いシグナルの酒田五法15】

今回も、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのでござるぞ! 今回見るのは押さえ込み線でござる。 このようなチャートでござる。 押え込み線とは、上放れた陰線が3本連続して出現した後、直前 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

トップへ戻る