【RSIについて説明するのでござる】

Pocket

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。
RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅(上昇幅の累計と下落幅の累計)を合計し、その中で上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標なのでござるぞ。

RSIの計算式は、

n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)

となるのでござる。

前日の終値より当日の終値が高い場合…つまり、当日のローソク足が陽線であれば値上がり幅に、反対に低い場合(つまり陰線のローソク足である場合)、値下がり幅にカウントするのでござる。
判断の根拠が値幅=上昇や下降の幅を基準にしている点が、株価自体に注目した移動平均線などとは違うのでござるぞ。RSIは「相場の振幅=相場の勢い」をすばやく察知できるのが特長なのじゃ。

なお、RSIの一番ポピュラーな使い方は、

RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り
RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買い

というものでござる。
とはいえ、RSIにも弱点があるのじゃ。上昇、下降を問わず、強いトレンドがある相場では、RSIが100%や0%近辺に張りついてしまい、正確なサインを出せなくなるのでござる。
そのため、RSIは単独で使わず、トレンド系のテクニカル指標(例えば移動平均線など)と一緒に使って、互いの欠点を補い合う形で使うのがベストでござるぞ!

関連記事

鍋底【買いシグナルの酒田五法10】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる! 今回は、鍋底について見てみるぞ! このような形なのじゃ! 鍋底とは、株価が低迷したまま長期にわたり続いている状態のことなのでござる。相場 …

上放れの並び赤【買いシグナルの酒田五法20】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れの並び赤でござるぞ! このような形なのでござる。 上放れの並び赤は、上昇トレンド中、短いローソクが何本も続き、じりじ …

陽線五本【買いシグナルの酒田五法6】

今回も底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、陽線五本でござる。 陽線五本とは、その名のとおり、5連続で陽線が出ていることでござるぞ。 この5本の陽線は、横ばい、またはそ …

【指数平滑移動平均線について見てみるのでござる!】

前回までMACDを見てみたのでござるが、このMACDの元となっている、指数平滑移動平均線(EMA)について見てみるのでござる。 以前紹介した、移動平均線は正確には単純移動平均線というのでござる。この単 …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

トップへ戻る