【RSIについて説明するのでござる】

Pocket

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。
RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅(上昇幅の累計と下落幅の累計)を合計し、その中で上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを計る指標なのでござるぞ。

RSIの計算式は、

n日間の値上がり幅÷(n日間の値上がり幅+値下がり幅)

となるのでござる。

前日の終値より当日の終値が高い場合…つまり、当日のローソク足が陽線であれば値上がり幅に、反対に低い場合(つまり陰線のローソク足である場合)、値下がり幅にカウントするのでござる。
判断の根拠が値幅=上昇や下降の幅を基準にしている点が、株価自体に注目した移動平均線などとは違うのでござるぞ。RSIは「相場の振幅=相場の勢い」をすばやく察知できるのが特長なのじゃ。

なお、RSIの一番ポピュラーな使い方は、

RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り
RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買い

というものでござる。
とはいえ、RSIにも弱点があるのじゃ。上昇、下降を問わず、強いトレンドがある相場では、RSIが100%や0%近辺に張りついてしまい、正確なサインを出せなくなるのでござる。
そのため、RSIは単独で使わず、トレンド系のテクニカル指標(例えば移動平均線など)と一緒に使って、互いの欠点を補い合う形で使うのがベストでござるぞ!

関連記事

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その2>】

前回は酒田五法の三空を見てみたぞ!三空踏み上げ、三空叩き込みについて詳しくみたのじゃが、今回はその三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップを見てみるでござるぞ。 まずは下のローソク …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは上げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説 …

【移動平均線って何でござるか?】

今回から見ていくのは、チャート分析の鉄板とも言える、移動平均線でござる。 移動平均線は、一定期間の株価の終値平均値を、毎日、毎週、毎月といった一定期間で割ってグラフ化したものでござるぞ。名前をよく聞く …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その5>】

前回は上昇トレンドを示す三川について見てみたぞ! 今回も同様に、上昇を示唆する三川を見てみるぞ! 陽の二つ星…二つ星や三つ星という名前がつくローソク足は、胴が非常に短いものが2つ、3つ連続して現れた状 …

トップへ戻る