【ROCについて説明するのでござる】

Pocket

ROCは「Rate of Change」の略で日本語では「変化率」と呼ばれておるのじゃ。ROCは現在の株価と何日か前の株価の差をポイント(比率)で表わすテクニカル分析の指標の一つでござる。オシレーター指標というカテゴリに分けられていることも多いが、正確にはモメンタム系指標なのでござる。

このモメンタム系指標は、持合い相場で威力を発揮する指標なのでござる。移動平均線のようなトレンド系指標は、トレンド相場に強いのでござるが、持合い相場では正しいサインが出せなくなることはすでに紹介したとおりでござる。しかし、このモメンタム系指標は、このようなトレンド系指標の弱点をカバーしてくれるのでござるぞ。

ところで、このモメンタムじゃが、日本語に訳すと「勢い・はずみ」と言う意味なのでござる。このROCはモメンタムを比率化したもので、変化によって相場の勢いがどのようになっているかを判断するために考案されたのでござる。

このROCでござるが、算出方法は、

ROC=当日の終値÷n日前の終値×100

となるのでござるぞ。なお、nは任意の日数で、一般的には日足の場合は10日や25日が使われるのでござる。

ROCが、ゼロより高い場合は上昇トレンドゼロより低い場合は下降トレンドになるのでござる。
また、価格とROCの動きが逆行している時は反転のシグナルとされ、相場が天井圏や底値圏で推移している時の逆行現象において信頼度が高いのでござる。ROCがゼロラインを下から上に抜いたときが買いサイン、ROCがゼロラインを上から下に抜いたときが売りサインとなるのでござるぞ!

関連記事

下放れの並び赤【売りシグナルの酒田五法17】

今回もまた、下降トレンドで出現する売りサインについて見てみるぞ! 今回見るのは下放れの並び赤でござる。 このような形なのでござる。 下放れの並び赤とは、下降トレンドの中、下放れた陽線が出現し、その次に …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

【移動平均線の期間設定をもっと見てみるのでござる】

前回は移動平均線の期間設定について見てみたのでござる。 今回は最初に、期間設定についての補足を説明するのでござるぞ! 前回は、様々な期間設定についての例を挙げたのでござるが、移動平均線は、短期間ほど実 …

トップへ戻る