【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

Pocket

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ!
MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなっているので、急騰や急落について行けないことがあるのでござるぞ。さらに、価格の上昇・下落のスピードが落ち、じり高やじり安になった場合、じり高ではプラス圏、じり安ではマイナス圏を維持する場合に、トレンドに逆らった売買サインを出しやすくなってしまうのでござる。

このことから、MACDは、上昇、下降、横ばいのいずれの場合も、相場が一定のトレンドを持ちながらある程度定期的に上下動している状態がMACDを使うにはベストと言えるのでござるぞ。
このことから、

(1) MACDがプラス圏かマイナス圏かでトレンド判断
(2) MACDが上昇しているか下落しているかでトレンドの勢いを観察
(3) MACDとシグナル線のクロスやMACDのプラス(マイナス)転換でエントリー
(4) MACDが反転した時点で利益確定

という手順で売買するのが理想的なトレードと言えるのでござる。

ちなみに、MACDで使う移動平均線は、直近の株価の値動きに重きをおいた指数平滑移動平均線(EMA)でござる。EMAは、単純な移動平均線に比べて為替のリアルな値動きに敏感に反応する移動平均線なので、その短期線と長期線の差であるMACDも、トレンド転換を早めに教えてくれる点が良いのでござる。

すでに書いたとおり、MACDは相場の状況次第では正確なサインを出せなくなることもあるので、他の指標と組み合わせて使うと良いのでござるぞ。

関連記事

【RSIの効果的な使い方を考えてみるのでござる!】

前回紹介したRSIじゃが、RSIが70~80%以上になったら買われ過ぎ→売り、RSIが20~30%以下になったら売られ過ぎ→買いという判断を一般的に下す、というのはすでに説明したとおりでござるぞ。そし …

【移動平均線の期間設定についてみてみるぞ!】

前回は、グランビルの8法則に基づく、移動平均線と株価の位置関係と売買ポイントについて見てみたぞ! 今回は、移動平均線の期間設定について見てみるのでござる。 移動平均線は、期間設定が短いほど現実の株価の …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ! 三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字 …

バケ線【売りシグナルの酒田五法12】

前回までは天井圏で見られる売りサインについて見てみたのでござるが、今回からは、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのはバケ線でござるぞ! このような形でござる。 バケ線 …

上放れタスキ【買いシグナルの酒田五法19】

今回もまた、上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは、上放れタスキでござるぞ! このような形でござる。 上昇トレンドの初期に、窓を開けて陽線が出現し、次の足がタスキ掛けのような …

トップへ戻る