【MACDってどんなものでござるか?】

Pocket

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACDMoving Average Convergence and Divergence の略でMACDであり、「マックディー」と呼ぶのでござる。

このMACDは、1960年代にジェラルド・アペル氏によって開発されたのでござる。彼は1973年にシグナラート・コーポレーションを設立し、現在では5億ドル以上の顧客資産を運用し、定期レポートの「システム&フォーキャスト」を発行しているのでござる。

このMACDは、日本語に訳すと「移動平均収束拡散」と言うのでござる。とはいえ、マックディーの呼び名の方がメジャーなので、「移動平均収束拡散」という名前でピンとくる人は少ないと思うのじゃ。このMACDは、期間の異なる2本の指数平準移動平均線(短期移動平均線と調金移動平均線)の価格差の伸縮を見て、トレンドの方向性と変化を見るものなのでござる。そのため、パーセンテージではなく、実際の株価の値幅が単位になるのでござるぞ。指数平準移動平均は、直近の価格に重みを付ける分析手法なので、MACDは移動平均線より早めに転換点を示すのが特徴なのじゃ。

短期移動平均線が長期移動平均線を上回っているのは、株価の上昇力が強いことを表しており、この時MACDはプラスを示すのじゃ。MACDがプラスということは、上昇トレンドなのでござるぞ。逆にマイナスの場合は下降トレンドなのでござるぞ。

移動平均線を使用し、その差の拡大と収束を見るのがMACDなのでござるが、先ほども書いたとおり、移動平均線よりも早めにトレンドの転換点を示すために、初心者でも使いやすい指標と言えるのじゃ。

関連記事

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

二本の差し込み線【買いシグナルの酒田五法8】

今回もまた、底値圏で見られる上昇サインを見てみるのでござるぞ! 今回見るのは、二本の差し込み線でござる。 そもそも差し込み線とは、最初に陰線、次に陽線という組み合わせで、かつ、2本目の陽線の実線(胴の …

トップへ戻る