【MACDってどんなものでござるか?】

Pocket

これまで見てきた移動平均線やボリンジャーバンドと並んでメジャーなオシレーター系テクニカルチャートのMACDMoving Average Convergence and Divergence の略でMACDであり、「マックディー」と呼ぶのでござる。

このMACDは、1960年代にジェラルド・アペル氏によって開発されたのでござる。彼は1973年にシグナラート・コーポレーションを設立し、現在では5億ドル以上の顧客資産を運用し、定期レポートの「システム&フォーキャスト」を発行しているのでござる。

このMACDは、日本語に訳すと「移動平均収束拡散」と言うのでござる。とはいえ、マックディーの呼び名の方がメジャーなので、「移動平均収束拡散」という名前でピンとくる人は少ないと思うのじゃ。このMACDは、期間の異なる2本の指数平準移動平均線(短期移動平均線と調金移動平均線)の価格差の伸縮を見て、トレンドの方向性と変化を見るものなのでござる。そのため、パーセンテージではなく、実際の株価の値幅が単位になるのでござるぞ。指数平準移動平均は、直近の価格に重みを付ける分析手法なので、MACDは移動平均線より早めに転換点を示すのが特徴なのじゃ。

短期移動平均線が長期移動平均線を上回っているのは、株価の上昇力が強いことを表しており、この時MACDはプラスを示すのじゃ。MACDがプラスということは、上昇トレンドなのでござるぞ。逆にマイナスの場合は下降トレンドなのでござるぞ。

移動平均線を使用し、その差の拡大と収束を見るのがMACDなのでござるが、先ほども書いたとおり、移動平均線よりも早めにトレンドの転換点を示すために、初心者でも使いやすい指標と言えるのじゃ。

関連記事

【グランビルの8法則を見てみるのでござる】

移動平均線はどのようなものか、計算方法や位置関係などを数回に渡り説明してきたのでござるが、そもそも移動平均線は誰が作ったのじゃろうか。 移動平均線は、もともとアメリカで生まれたのでござる。アメリカのチ …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

【移動平均線の期間設定をもっと見てみるのでござる】

前回は移動平均線の期間設定について見てみたのでござる。 今回は最初に、期間設定についての補足を説明するのでござるぞ! 前回は、様々な期間設定についての例を挙げたのでござるが、移動平均線は、短期間ほど実 …

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

トップへ戻る