【HLバンドって何でござるか?】

Pocket

今回はHLバンドについて見てみるのでござる。このHLバンドはハイローバンドというもので、トレンド系テクニカル指標なのでござるぞ。
リチャード・ドンチャン氏が提唱する4週ルールを基礎にしたブレイクアウトシステムを視覚化したのがこのHLバンドなのでござる。
HLバンドは過去n日間における高値・安値同士を線で結び、チャート上に書いたものなのじゃ。高値同士を結んだ線はHバンド、安値同士を結んだ線はLバンドと呼ぶのでござる。

このHLバンドは、過去の一定期間の高値と安値を更新するということでシグナルと判断するテクニカル指標なのでござるぞ。この考え方はレンジブレイクアウトと呼ばれるものを使用しているそうで、非常に有効性の高いテクニカル指標なのでござるぞ!

このHLバンドは、このような感じでござる。

株価チャートに直近n日の高値(Hバンド)、安値(Lバンド)、高値と安値の中心(Mバンド)の3本のラインを引いて、現在のトレンドの方向・抵抗価格・支持価格を確認するのでござるぞ。(※ nは任意の期間・日数)

関連記事

上げ三法【買いシグナルの酒田五法17】

今回も上昇トレンドで見られる買いサインを見てみるのじゃ! 今回見るのは上げ三法なのでござる。 このような形でござるぞ。 三法とは、「売り・買い・休み」のことでござる。酒田五法では、休む相場の重要性を説 …

バケ線【売りシグナルの酒田五法12】

前回までは天井圏で見られる売りサインについて見てみたのでござるが、今回からは、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのはバケ線でござるぞ! このような形でござる。 バケ線 …

【さらにボリンジャーバンドに迫ってみるのでござる!】

前回は、ボリンジャーバンドがどのようにして算出されるのかということを中心に説明したのでござるぞ。 今回もまた、ボリンジャーバンドについて解説するのでござる。 ボリンジャーバンドの中心となっているのが、 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

捨て子線【売りシグナルの酒田五法4】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形なのでござるぞ。 捨て子線とは、十字線が上放れてポツンと現れ、前後の足と離れているチャー …

トップへ戻る