【(酒田五法)三空について説明するぞ!(その1)】

Pocket

前回まで数回に渡り、は三川を説明したぞ!
今回は、三空について説明するのじゃ!!

三空とは、ローソク足とローソク足の間に空間が出来る形のことを言うのじゃ。この空間を窓や空と言うのじゃが、これが3回連続で出現する形のことを三空と言っているぞ。
三回連続して窓を開けたということは、その窓の部分にあたるところの価格帯をすっ飛ばしたということじゃ。つまり、それだけ相場の勢いが強いということを示しておるのじゃ。

三空叩き込み長い下降トレンドの中で三空が出た場合、買いのサインになるのじゃ売りが売りを呼び、勢いを増したために窓を開けて三空を形成していると考えられるのじゃ。とは言え、いつまでも下げ続けることはなく、最初の売り勢力が利益確定のために買い戻しに回ることを考えると、その後逆転して買い勢力が勢いを増す可能性が大きいぞ!

三空踏み上げ長い上昇トレンドの中で三空が出た場合、売りのサインになるのじゃ。何らかの材料があったために多く買い注文が入ったことを示しているものの、それは最初の窓についてだけじゃぞ。2つ目、3つ目の窓については、最初の窓を見て出遅れて買い注文をした勢力であるということじゃ。そう考えるとこの上昇の勢いは限定的で、最初に買い注文をした勢力が利益確定のために売りに回る可能性が大なのじゃ。そうなると急速に勢いを失い、天井を打った後に下降トレンドに入る可能性が大きいぞ!

このように三空には大きな種類として2つがあるが、どちらも逆張りのサインなのが特徴じゃぞ。
次回は、この窓についての補足として、アメリカで使われているギャップ(窓)について説明するぞ。

関連記事

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

【エンベロープって何でござるか?】

今回紹介するのは、エンベロープでござる。 エンベロープとは何かというと、移動平均線からの乖離率を利用したもので、移動平均線より任意の乖離率でもって、上下に離して線を記入したものでござるぞ。 株式ではよ …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。 …

波高い線【売りシグナルの酒田五法7】

今回もまた、天井圏で見られる買いサインを見てみるぞ! 今回見るのは波高い線なのでござる。 このような形でござるぞ。 波高い線とは、上下に長いヒゲが出て実体が短くなっているローソクが現れたチャートのこと …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

トップへ戻る