【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その3>】

Pocket

前回は三空の補足事項として、アメリカで使われている4種類のギャップのうち、ボックス相場で見られる特に意味のないコモンギャップと、ボックス相場からの転換を示すブレイクアウェイギャップについて見てみたぞ。
今回もその続きで他のギャップを見てみるのでござる!まずは下のローソク足チャートを見るのじゃ。

③ランナウェイギャップ(runaway gap)
逃げるという意味のランナウェイじゃが、その言葉の意味するところは、トレンドに乗っている時にさらに同じ方向にギャップ(窓)が形成される…つまり、その方向に向けて相場に勢いがあることを示しており、まるで走り去るようにその方向へ相場が一気に動いて突っ走っていくような状態を示しておるぞ。
このギャップは非常に強い上昇トレンドや下降トレンドの中間点で現れることも多いため、メジャーリングギャップ(measuring gap)とも呼ばれるのでござる。メジャーリングとは、メジャー、つまり目盛り等の計量を示す単語じゃが、この言葉が示すとおり、チャート上で、トレンドの始点からこのランナウェイ(メジャーリング)ギャップが発生したところまでの距離を測り、その2倍した水準がトレンドの終息になると予測されるのでござる。
また、このランナウェイギャップは、市場の混乱による相場の大暴落で発生することもござるぞ。

④イグゾーションギャップ(exhaustion gap)
イグゾーションとは枯渇や消耗などという意味で、その言葉が示すとおり、相場の最終局面に現れるのでござる。ブレイクアウェイギャップ、ランナウェイギャップ等が出た相場の最後の方で、急騰や急落した場合にこの窓が出て、その後は力尽きたかのように相場が急転して反対トレンドになるため、イグゾーションギャップと呼ばれておるぞ。
先ほど書いたとおり、このギャップは相場の転換を示唆しているため、重要な売買ポイントのシグナルでござる。

次回は、さらに補足を説明するぞ!

関連記事

かぶせ線の上抜き【買いシグナルの酒田五法21】

今回もまた、上昇トレンドの中で現れる買いサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、「かぶせ線の上抜き」なのでござる。 このような形でござるぞ。 かぶせ線の上抜きとは、上昇トレンドの中、大陽線の後に、 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法18】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインを見てみるぞ! 今回見るのは、入り首とアテ線でござる。 入り首はこのような形でござる。 アテ線はこのような形でござる。 入り首は陽線で、下落相場において …

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

【MACDでの的中率を上げるにはどうしたら良いでござるか?】

これまで数回に渡り、MACDについて取り上げてきたぞ! MACDは、相場がもみ合うと、小さなゴールデンクロスやデッドクロスが頻繁に出て、だましが増えてしまうのでござる。また、移動平均がベースとなってい …

【移動平均乖離率はどのように使うのじゃ?】

今回もまた移動平均乖離率について見てみるのでござる! 前回は移動平均乖離率の概要を見てみたのじゃが、では、移動平均乖離率はどのように使用するのじゃろうか? そもそも移動平均線は、株価が移動平均線に近づ …

トップへ戻る