【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その1>】

Pocket

今回は酒田五法の三川について説明をするぞ!
非常にバリエーションが多いのがこの三川で、三川明の明星、三川宵の明星が代表的じゃ!
ローソク足の線の並びに注目した分析方法が三川であると考えられており前回紹介した三山との違いは、チャート全体の形を見ているのか、それともローソク足の並びを見ているのか、という点なのじゃ。
三川は三山とは違い、3本のローソク足の並びに注目しておるのじゃ。

この三川は先ほど書いたとおり、とにかくバリエーションが豊富じゃぞ。
まずは、三川の基本要素を見てみるのじゃ!

…大陽線の後、それより少し高値で寄引同時線が高値に出現した状態じゃ。この形は、相場が迷っている状態にあることを示しているぞ。

はらみ…大陽線、あるいは大陰線の後にそれよりも小さい陽線、陰線が出た状態じゃ。大きいローソク足を母、小さいローソク足を母親のお腹にいる子に見立てているのじゃ。このローソク足は、相場の勢いが落ちてきたことを示しているぞ。

つつみ…小陽線あるいは小陰線のあとに大陰線あるいは大陽線が出た状態じゃ。それまでの相場の勢いが落ちつつあることを表しており、近々相場が反転することを示していると考えられるぞ。

かぶせ…大陽線の後に、それにかぶせるかのように大陰線が出現している状態じゃ。相場の急転を示しておるぞ。

たくり…下落相場で非常に長い下ヒゲの陰線が出現した状態じゃ。反転上昇の買いのサインとなることが多いのじゃ。

この5つが三川の基本形じゃぞ!
次回は三川をもっと詳しくみてみるのじゃ!!

関連記事

最後の抱き線【売りシグナルの酒田五法10】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回は最後の抱き線でござるぞ。 上昇相場で、陰線が出現し、その次に、陰線の終値よりも低い価格で始値がスタートした大きな陽線が出現した形を、 …

入り首とアテ線【売りシグナルの酒田五法19】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのじゃ! 今回見るのは二ツ星、三ツ星でござる。 このような形でござるぞ。 二ツ星・三ツ星は、以前上昇トレンドの底値圏で見られるものについ …

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

【(酒田五法)三空について説明するぞ!<その4>】

前回、前々回と、アメリカで使われている4種類のギャップ(窓)を見てみたぞ。 今回はさらに補足事項を説明するぞ! 今回説明するのは、アイランドリバーサル(Island Reversal)でござる! アイ …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

トップへ戻る