【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その4>】

Pocket

今回からは前回にと逆に、三川の中の、相場の底から反転して上昇する時のシグナルを見てみるぞ!

三川明の明星…三川の代名詞とも言えるシグナルじゃ。長めの陰線の後、その下に窓を開けて上ヒゲ下ヒゲをつけた十字線、または十字線に近い実体の短い陽線か陰線、そしてその後に、最初の陰線の上半分あたりまでの長さの陽線…という組み合わせになっておる。このシグナルは上昇への反転を示しているのじゃ!

陽の両つつみ…はらみ線の次に包み線が出た形なのじゃ。大陽線に小陰線が包まれている、あるいは胴の長い上ヒゲ・下ヒゲのある陽線に両脇を挟まれた陰線がある、というものが陽の両つつみなのじゃ。
この形は上昇サインじゃぞ。上昇トレンドの中で出た場合は、さらなる上昇を暗示しておる。また、下降トレンドの中で出た場合は、反転して上昇する可能性を示唆しているのじゃ。

二本たくり線… 下落相場の底値圏で出ることの多い形じゃ。陰線が2本現れたのち、十字線等の寄り引き同時線が出た形じゃ。この形は上昇転換を強く示唆しているぞ!

次回も三川の上昇サインについて見てみるぞ!

関連記事

陰の陰はらみ【買いシグナルの酒田五法1】

これまで、酒田五法の5つの基本となる型とそれぞれの種類を見てきたのでござるが、今度はそれらを組み合わせ、売り買いのシグナルとなるものを確認してみるぞ。 今回からは、買いのシグナルとなるものについて整理 …

最後の抱き線【買いシグナルの酒田五法4】

抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形になる事で、包み線とも言うのでござるぞ。 最後の抱き線は、上昇トレンドでも下降トレンドでも見られるのでござる。今回紹介するのは、下降トレンドの中、陽線が出 …

【移動平均乖離率の使い方を見てみるのでござるぞ!】

移動平均線は株価の平均値であるのはすでに説明したとおりでござる。そのため、株価が上がれば同じように上昇、株価が下がれば同じように下降するという特徴があるのでござる。株価が移動平均線から離れすぎると必ず …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法13】

下降トレンドで見られる売りサインについて今回も見てみるのでござる。 今回見るのは捨て子線なのでござる。 このような形でござる。 捨て子線については、底値圏で見られるもの、天井圏で見られるものについて見 …

【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その5>】

前回、基本の黒三兵について説明したのじゃが、今回は黒三兵の亜種について見てみるのでござる。 今回は、坊主三羽という形を見てみるぞ! このような形でござるぞ! 陰線が三本続けて出ておるが、三本とも下ヒゲ …

トップへ戻る