【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その2>】

Pocket

今回も前回に引き続き、三川を見てみるぞ!
バリエーションが豊富な三川の基本要素5種を前回見てみたのじゃが、今回は、基本5種から派生した形を色々見てみるぞ!
その中でも、今回は相場の天井圏から反転して下落する時のシグナルを見てみるのじゃ!

陽の両はらみ…大陰線の胴に収まる長さの陽線が左右にあるものを指すぞ!真ん中の大陰線は売りの勢いが増してきていることを表しているのじゃ。最後に現れた短い陽線は、買いの勢いが売りの勢いを覆すほどは盛り返せなかった、ということを意味しているぞ!上昇トレンドで出現した場合、下げトレンドへの転換を示していると考えられるのじゃ!

三川宵の明星…大陽線の後に、上に窓を開けて十字線、あるいは十字線に近い胴の短い陽線か陰線が現れ、その後に最初の陽線の下半分あたりで引けている陰線が現れた形じゃぞ。つまり、基本要素5種の中の「星」の後に陰線が加わった形なのじゃ。この形は、下落の強いサインと考えられているぞ!

鷹返し… 大陽線が出た後に窓をあけて小陰線が現れ、次にその小陰線を包む陰線が現れた形じゃ。上昇の途中に出た場合、反転下落を暗示していると考えられるぞ。大陽線の後、窓をあけて小陰線が出ているため、その後の下降トレンドの予兆があるものの、 その次にさらに大きな陰線が出たことで、より下落の可能性が強まったと考えられるのじゃ!

次回も同じく相場の天井圏から下落する時のシグナルを見てみるぞ!

関連記事

【ストキャスティクスについて説明するのじゃ!】

今回は、オシレーター系の代表的なテクニカル指標ストキャスティクスを紹介するのでござる。 ストキャスティクスとは、米国のジョージ・レイン氏によって考案され、株価の「売られ過ぎ」、「買われ過ぎ」を判断する …

三手放れ寄せ線【売りシグナルの酒田五法11】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は、三手放れ寄せ線でござるぞ。 このような形でござる。 三手放れ寄せ線とは、上昇トレンドの中、上放れした状態で陽線が3連続で出現 …

【ボリンジャーバンドって何でござるか?】

前回まで、数回に渡って移動平均線について説明したのでござるが、今回からは、ボリンジャーバンドを解説するのでござる! ボリンジャーバンドは移動平均線同様、メジャーなテクニカル指標なのじゃ。そもそもボリン …

放れ五手黒一本底【買いシグナルの酒田五法11】

今回も、底値圏で見られる上昇サインについて見てみるのでござる。 今回見るのは、放れ五手黒一本底でござるぞ。 このような形なのじゃ! 放れ五手黒一本底とは、下降トレンドの時、窓を開けた下落した後に、小陰 …

【またHLバンドについて見てみるのじゃ!】

前回HLバンドについて取り上げたのじゃが、今回もまたHLバンドを見てみるのでござるぞ! HLバンドはトレンドの方向はMバンドの向きで確認するのでござるぞ。 Hバンドを抵抗線と考え、Lバンドを支持線と考 …

トップへ戻る