【(酒田五法)三山について説明するぞ!】

Pocket

前回触れた酒田罫線の種類じゃが、それぞれの種類について、見ていくぞ!
今回は、三山について見てみるのじゃ!
三山の代表的なものはこれじゃ!

三山
三尊天井
真ん中の大きな釈迦の横に菩薩が配置された三尊像のような形に見えることから、このような名前になったのじゃ。海外では、トリプルトップ、とりわけこの三尊天井のように真ん中が一番高いものについては、ヘッド&ショルダーと呼んでいるぞ!このパターンは、大天井を打つ時に出現すると言われておる。
なお、高値に差がないものは三山と呼ばれているのじゃ!

逆三尊底
上の三尊天井とはまったく逆の形になるぞ!3つの谷がその後の反転上昇を示唆していると考えられるのじゃ!なお、安値に差がないものは逆三山と呼ばれておる。

今回は三山の種類について見てみたぞ!
また色々な酒田五法を見てみるのじゃ!

関連記事

【RSIについて説明するのでござる】

今回はオシレーター系指標として有名なRSIを取り上げるのでござる。 RSIは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのかを測る指標で、直近n期間の各時点における終値ベ …

抱き線【売りシグナルの酒田五法9】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインを見てみるのでござる。 今回見るのは、抱き線でござる。別名つつみ線とも呼ばれておるぞ。 このような形でござる。 抱き線とは、前日のローソク足を包み込むような形にな …

三羽烏【売りシグナルの酒田五法2】

今回もまた、天井圏で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回見るのは三羽烏なのでござるぞ。 このような形なのじゃ! 三羽烏(さんばがらす)とは、安寄りした陰線が3本連続で出現した状態のこと …

【(酒田五法)三川について説明するぞ!<その5>】

前回は上昇トレンドを示す三川について見てみたぞ! 今回も同様に、上昇を示唆する三川を見てみるぞ! 陽の二つ星…二つ星や三つ星という名前がつくローソク足は、胴が非常に短いものが2つ、3つ連続して現れた状 …

【一目均衡表って何じゃ?】

一目均衡表は、日本生まれの数少ないテクニカル指標の一つで、株式評論家の細田悟一氏が一目山人というペンネームで戦前に発表したテクニカル指標でござる。延べ2000人のスタッフ(学生)とおよそ7年の歳月をか …

トップへ戻る