【(酒田五法)三兵について説明するぞ!<その3>】

Pocket

前回は、赤三兵の一種である赤三兵先づまりをを説明したぞ。
今回見てみるのは、前回同様、赤三兵の一種である赤三兵思案星じゃ。
こんな形でござるぞ!

この赤三兵思案星も、基本の赤三兵同様、一応陽線が切り上がっておるぞ。ただ、基本の赤三兵と異なるのは、三本目の陽線が小陽コマになっておるのじゃ。これは、買いと売りの勢いが拮抗していることを示しており、天井圏が近づいていることを表しておるのじゃ。
そのため、もしこの赤三兵先づまりが出た場合は、様子見となり、売買を控えた方が良いでござる。

今回の赤三兵思案星も、途中までは基本の赤三兵と同じじゃが、三本目の陽線の形でだいぶ意味が異なってくることに要注意でござる!
この赤三兵思案星も、基本の赤三兵のような買いシグナルの意味はなく、むしろ下落することを予兆する意味合いになるのでござる。
赤三兵は、三本目のローソク足の形に注目するのが大切なのでござるぞ。

関連記事

たくり線【買いシグナルの酒田五法5】

今回もまた底値圏で見られる買いサインについて見てみるのでござる。 今回見るのはたくり線でござる。 「たくり線」とは下降局面で安く寄り付きいて出現する、下ヒゲの長いローソク足のことでござるぞ。 図のよう …

下放れ二本黒【売りシグナルの酒田五法15】

今回もまた、下降トレンドの中で見られる売りサインについて見てみるのでござる。 今回は下放れ二本黒を見てみるのでござる。 このような形でござるぞ! 下放れ二本黒とは、下落の途中で、下放れて陰線が2本連続 …

二ツ星・三ツ星【買いシグナルの酒田五法14】

前回までは、底値圏で見られる買いサインについてみてみたのでござるが、今回からは、上昇トレンドの中で見られる買いサインについて見てみるのじゃ! 今回見てみるのは、二ツ星と三ツ星でござる。 下の図は三ツ星 …

【一目均衡表の計算式とは?】

一目均衡表は、ローソク足と5線の折れ線グラフ(転換線・基準線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパン)から構成されいるのでござる。 その計算式は、 ・転換線 転換値=(当日を含む過去9日間の最高値+9 …

【解散価値を大きく割れた同じPBRの会社を見てみるのでござる】

PBRが1倍割れというのは、解散価値を割っているということは、すでに説明したとおりなのでござる。 今回は、同じPBRでもバランスシートの中身が違う会社AとBについて見てみるのでござる。 A社とB社はど …

トップへ戻る